夏の子供が危ない! 夏の事故から子供守るには、親の目・親の手が?

せのびーる 購入はコチラ

夏の子供が危ない! 夏の事故から子供守るには、親の目・親の手が?

 

夏の子供が危ない! 夏の事故から子供守るには、親の目・親の手が? 楽しい夏休みの筈が一転悲しい事故が起こってしまったというニュースを目にすることがあります。

 

長い夏休みの子供たちは、普段の規則的な生活から解き放たれて、自由を楽しんでいるではないでしょうか。帰省やレジャーの為の旅行、海や川やプールなどでの水遊び、花火やお祭りなどのイベントがたくさんあって、ワクワクの日々だと思います。

 

夏の事故から子供を守る

 

しかし、そこに気をつけなければいけない落とし穴も待ち受けています。夏の子供には、ちょっと油断で事故に合う危険性が増大します。特に、水の事故は多いというイメージがありますが、その他にも夏の子供たちの周りは危険がいっぱいなのです。
親がちょっと目を離した隙に、ちょっと離れていただけなのに、事故は起こります。子供の命を守れるのは、実質親だけといっても過言ではありません。

 

どうしたら、夏の子供たちを事故から守れるかを一緒に考えていきましょう。

 

子供の健康を守ってくれるサプリはコチラ→せのびーる公式へ

 

<夏に多い子供の事故ピックアップ>

 

水の事故
迷子・行方不明
花火
家の中での事故
熱中症

 

夏に多い子供の事故の中でも、一番注目度が高いのは水の事故だと思いますが、実は家の中での事故も多く起こります。溺れるのは、大きな水のある場所だけではありません。
また、近年の殺人的な暑さで、熱中症で倒れる危険もあります。
これらを詳しく見て、どこを気をつければ良いかの対策を考えてみましょう。

 

夏に多い子供の事故と対策

 

1.旅先・アウトドア・帰省中など未知の場所で起こる事故

 

夏の事故から子供を守る

 

水の事故

 

水難事故というと、海のイメージが強いかも知れませんが、川も危険です。浅瀬で遊んでいたはずなのに、急流に流されたり、気が付いたら深い淵まで行ってしまったりもします。海だと、離岸流が発生してあっという間に流されると、大人でも簡単に脱出することは困難です。
浅瀬にいるから、ちょっと水遊びをするだけだからと、子供から一瞬でも目を離すのは、大変危険です。
学校や遊園地などの大きなプールでも、監視員などがいても、事故は起こります。飛び込みや転倒でも事故が起こることがあります。また、排水溝に小さな子供が身体の一部が吸い込まれて、溺死した事故もありました。

 

迷子・行方不明になる

 

遠くに出かけ、子供にとって未知の場所も、危険がいっぱいです。迷子や行方不明になってしまうことも多くあります。
田舎に帰省て、祖父母や親せきに預けたりすることもあるでしょうが、いくら身内でも普段からいっしょにいないので、注意には注意を重ねてくれるように、しっかり言っておくことも対策になります。
自分の子供だから大丈夫と思いこまず、迷ったら動かない、大人に助けを求めるなど対処方法を教えておく必要があります。

 

花火

 

夏の花火は楽しいものですが、火を扱うものなので、もちろん危険が内在しています。
花火大会では、稀に大きな爆発事故が起こるこり、巻き込まれる危険もあります。打ち上げ現場近くの危険区域のには絶対立ち入らないようにしてください。また、混雑を予想して早め早めの行動を計画的に立てることも大切です。

 

また、手持ちやオモチャの花火の場合も、すぐ消化できるようにバケツなどに水を用意する、振り回して火傷をしないようにするなど、基本的なルールを守って楽しみましょう。最後に、火の後始末をしっかり確認してください。

 

スクスク育つ子供の味方のサプリはコチラ→せのびーるの詳しい情報へ

 

2.家の中

 

 

外には出ず、家の中にいるから安全ということも、実はありません。家の中も、夏休みで家にいる時間が多くなる子供たちにとって危険が潜んでいると言えます。

 

窓やベランダからの転落事故

 

暑いと涼をとるために、窓やベランダのドアを開けておくことも増えます。
近くに置かれた椅子や台から、窓やベランダの柵を乗り越えて、転落してしまったという事故も起こります。子供は好奇心がいっぱいなので、うっかり開けたままにしないように、また、普段から子供に注意しておきましょう。

 

浴槽・ビニールプールで溺れる

 

子供が溺れるのは、川や海だけではありません。乳幼児の場合は特に、家の中の浴槽やビニールのミニプールでも溺れる事故につながるケースが多くあります。ほんの少しの水でも子供が溺れるかもしれないことを忘れないでください。
絶対そばから離れない、子供たちだけで遊ばせないなど、しっかり見守ることで防げる事故でもあります。

 

3.熱中症

 

近年の殺人的な暑さは、大人でも熱中症にかかりやすいですが、大人よりも小さく地面に近い子供たちにとっては、より危険であるかも知れません。
プールなら水につかっているので熱中症にかからないと思うのも実は間違った常識で、プールでも熱中症になる危険はあります。

 

炎天下での対処方法

 

あまり長い時間炎天下で遊ばせない、冷たいタオルや保冷剤で脇などを冷やす、水分といっしょに塩分をこまめにとらせる、すぐに涼しい場所に移動するなど、親が対処しましょう。

 

遊んだ後は、気持ち悪かったりしないか、お腹は痛く無いか、ぐったりしすぎていないかなど、子供をよく観察して、重症な場合はすぐに医療機関で診てもらうことも大切です。0

 

車中に残してしまのは危険

 

猛暑日だけでなく、涼しいから大丈夫と、車中に子供たちだけを残して、ちょっと車を離れるのも悲惨な事故に繋がります。
締め切った車中の温度はすぐに高温になり、体温の調節機能がまだ未発達な子供たちは、簡単に脱水症状に陥ります。また、子供が自力でドアや窓を開けることが出来ないと、危険は更に大きくなってしまうでしょう。

 

親といっしょに子供の成長を見守るサプリはコチラ→せのびーる公式へ

 

親しか守れない親の目・親の手を離さない訳とは?

 

夏の子供たちは、たくさんの楽しい出来事を経験出来る貴重な時間ですが、そこには大事故になってしまうかも知れない危険な落とし穴もあることを、親がしっかり認識しておくことが、事故を未然に防ぐことになると思います。
残念ながら、今は周りの大人など、誰かが守ってくれると期待出来る社会とは言い切れません。まず親である自分たちが子供を夏の事故から守ってあげなければと意識することが必要です。

 

夏の事故から子供を守る

 

親がしっかり目を離さず、いつも子供の伸ばした手を握り返せる手で、守ろうと待ち構えていれば、どんな事故も防げ、子供たちに楽しい意義のある夏休みを過ごさせてあげることが出来るでしょう。

 

せのびーる 購入はコチラ