子供の熱中症の予防と対策に、賢くサプリを活用してみよう!

せのびーる 購入はコチラ

子供の熱中症の予防と対策に、賢くサプリを活用してみよう!

 

子供の熱中症の予防と対策に、賢くサプリを活用してみよう! 最近の夏はとにかく暑い、異常と言って良いほど暑過ぎます。体温と同じくらい暑いなんてこともざらにあるようになりました。
大人でも熱中症になりやすい季節です。子供にとっても、危険信号がともる季節では無いでしょうか? 親が気を付けて、子供の熱中症の予防と対策をしてあげる必要があります。
幼児の場合は特に自分では無自覚なことも多いので、親の注意深く見守ることも大切です。また、小学生はもちろん、中学生・高校生の子供でも、普段から予防と対策を喚起しておきましょう。

 

子供の熱中症予防と対策

 

夏の子供の元気を応援するせのびーる情報はコチラ→せのびーる 詳しい情報へ

 

1.熱中症に早く気付くには

 

幼児や小学校低学年くらいまでは、子供は大人よりも身長が低く、地面により近いことをイメージしてみてください。炎天下の場合、地面からの照り返しで、大人が30度くらいと思っている温度を、子供は3度~5度上に感じているのです。

 

また、体温調節機能が未発達なので、汗をかいたり、体温を下げるのに時間がかかります。汗をかいていないからといって、熱中症ではないと判断するのは早計です。

 

夏と言えば、子供はプール大好きですよね。プールなら水につかっているから熱中症も大丈夫かと言うと、プールでも熱中症になる危険はあります。肌が多く露出されていて、強い日差しの影響を受けやすくなっていること、皮膚や皮下脂肪が大人よりも薄いため日焼けのダメージが大きいこと、最近の猛暑では水温も上昇していること、水中では体温が下がりにくく、体内に熱がこもりやすいことが原因として考えられます。

 

室内なら、安全と安心することも最近は出来なくなりました。お風呂場や洗面所、トイレなど密閉空間で熱がこもりやすく、湿気の多い場所は要注意です。暑さで疲れやすい夏は、体調不良や睡眠不足が熱中症の引き金になることもあります。

 

子供の熱中症予防と対策

 

では、子供の熱中症に早く気付くにはどうしたら良いのでしょうか?

 

子供をよく観察し、普段の様子との違いを見分けること

 

幼い子供は特にですが、自分で熱中症だと気づくことは無いと思います。親が普段の子供の様子との違いを注意して、観察してください。

 

疲れやだるさを訴えているのを軽視しない

 

ちょっと遊び疲れてダラダラしている、元気がないくらいでも、熱中症のサインかも知れません。気持ち悪い、お腹がちょっと痛い、疲れたというような訴えを軽くみないでください。

熱中症の症状について詳しい知識を持つ

 

顔がほてっている
体温が異常に高くなっている
汗のかき方が異常だ 大量の汗が止まらない、または、全く汗をかいていない
ぐったりして、だるそうにしている
熱が出ている あるいは、寒気を訴える
おう吐や吐き気がある
ふらふらして、めまいがある
鼻血がでる
手足のしびれがある

 

唇やのどが渇いたと感じた時には、既に脱水症状になっていて、熱中症の入り口に立っていると考えても良いかも知れません。
熱中症が深刻化すると、熱射病になってしまうこともあります。その前に、賢く対処してあげたいですね。

 

熱中症にならない体づくりが出来るサプリはコチラ→せのびーる 公式サイトへ

 

2.熱中症になってしまったら

 

意識が無かったり、けいれんしている、40度以上の熱があるなど明らかに重症の場合は、緊急事態ですので、すぐに医療機関にかからなければいけません。医療機関に行く間、救急車を待つ間も、体を冷やし続けることが大切になります。

 

まだ軽度の場合は、適切な対処をしてあげることで、改善させることも出来ます。

 

<熱中症の対処方法>

 

からだを冷やす

 

エアコンがある場所など涼しいところに移動させ、熱くなった体を冷やしましょう。
冷たいタオルや保冷剤などを、首の周り・わきの下・太ももの付け根に当てて、冷やすのも効果的です。

 

ゆっくり休ませる

 

衣服をゆるめたり、楽な衣服に着替えさせ、体の熱を放出出来るようにする。

 

水分と塩分補給

 

水分と一緒に塩分も補給することで、発汗で失われたミネラルバランスの崩れを改善させましょう。スポーツドリンクや経口補水液を飲ませるのも良いですが、飲み物と一緒に塩を舐めさせたり、ミネラルの豊富な麦茶を飲ませるだけで、随分違ってきます。
食事がとれる場合は、塩分とミネラルが同時に補給できるみそ汁もおススメです。

 

ただし、おう吐や意識がない時は、気道に入ると危ないので、無理に飲ませようとはしないでください。

 

意識障害や全身の痙攣は、本当に命の危険を伴うサインです。そうなる前に、適切な対処をして、未然に防ぐことが子供の命を守ることにつながります。少しでも可笑しいなと思ったら、まず子供の体を冷やしてあげながら、医療機関に連れて行くべきか、大丈夫なのかの適切な判断が求められます。

 

3.熱中症は予防出来る? 賢い対策はある?

 

熱中症は突然襲ってくるものと言うイメージがありますが、予防出来たり、対策があったりするのでしょうか?

 

熱中症の情報をこまめにチェック

 

天気予報などでも、熱中症指数も公開されています。外出の前にしっかりチェックしておきましょう。心構えや予防に役立つ情報源になります。気温だけでなく、湿度にも注意してください。湿度が高くなり過ぎない様に風通ししたり、エアコンを上手に使うことで、家の中の危険を減らすことが出来ます。

 

日常生活での工夫

 

室内を涼しく保つ 電気代のためにエアコンを我慢するのは、この季節は大変危険。
戸外で活動する時は、衣服・帽子は通気性や吸水性のよい素材を選ぶ。
日差しに長時間さらされない 涼しい場所で一休みする
冷却グッズを活用しよう 首を冷すネッククーラーなど冷感グッズ・冷却シートなど
いつでも水分をとれるように水筒を持ち歩く こまめな水分補給
涼しい場所で、一休みすることを意識する
室内・車内でのクーラーの使用をためらわない

 

幼児の場合は、とにかく親がそばにて、気を配ってあげることが大切です、中学・高校生になった子供に対しては、なかなか親の言うことを聞いてくれないというケースもあるかもしれませんね。

 

私は、子供たちが災害に遭遇した時も含めて、飲んでも飲まなくても良いからというスタイルで、水筒だけは毎日持たせていました。飲みたいと思った時に、いつでも使えるようにその準備だけはしておきたかったからです。「別に飲まなくてもいいから」とゆるい姿勢で忍ばせると、子供も案外あっさり受け入れてくれました。

 

水分補給と同時に塩分補給も心がける。

 

ただ冷たいものを食べたり、飲んだりしただけでは、熱中症対策は十分ではありません。血液や汗には、ナトリウム(塩分)も含まれています。水分だけを補給しても、塩分が足りなければ、ミネラルバランスが崩れ、脱水症状の改善にはなりません。

 

暑さに負けない体づくり

 

暑さや熱中症に負けない体づくりをすることは、回り道のようですが、実は一番の近道と言えるでしょう。
栄養のある食事・質の良い睡眠・適度な運動は、子供の成長にとっても切っても切れない大切な要素ですが、暑さや熱中症に負けない体を作る上でも、必ず力になってくれる要素です。
夏休みは子供にとっては、生活パターンが崩れやすい時期でもあります、体調を整える・熱中症の予防と対策の点でも、基礎をゆるがないものにしておくことは、安心材料になると思います。

 

子供の熱中症 賢いサプリ活用法

 

賢いサプリの摂り方

 

子供たちが、熱中症に負けない体を作り、夏を楽しく過ごすために、予防や対策を万全にする上で、あともう一押しがあるとすれば、子供用のサプリメントも視野に入れてみてはどうでしょう?
足りない栄養を補ったり、身長を伸ばしてくれるかもしれないという期待だけでなく、厳しい暑さから子供たちを守り、楽しく過ごせるお手伝いをしてくれるサプリを賢く摂るのもベストな対策と言えるのでは無いでしょうか?

 

ちなみに、私の子供たちがずっと愛用していた せのびーる は、常備の水筒と同じくらい厳しい夏を乗り切る必須アイテムでした。一過性ではない、安心のガード力で子供たちを守ってくれたと感じています。
賢くサプリを使うことも熱中症から子供たちを守ってくれるでしょう。

 

せのびーるの新しい仲間 おいしいぶどう味はコチラ↓

 

せのびーる ぶどう味購入へ

 

サイトTOPへ

せのびーる 購入はコチラ