子供の勉強の悩み 勉強する子・しない子の分かれ道はママのNGワードだった

せのびーる 購入はコチラ

子供の勉強の悩み 勉強する子・しない子の分かれ道はママのNGワードだった

 

子供の勉強の悩み 勉強する子・しない子の別れ道はママのNGワードにあったとしたら、どうしますか? 勉強という漢字の意味は「無理にでも、努力して励むこと」です。ママやパパも小さい頃を思い出すとよく「勉強はどうしたの?」とか「勉強しなさい」と親から言われていたのが思い浮かびますよね。 自分が子供の時は「うるさいなぁ」なんて聞き流していたことが、いざ親になってみると、あの時の親の気持ちが身に染みてわかったりしますよね。でも、反対に子供の気持ちはわからなくなっていたりしないでしょうか?

 

勉強しない子供の悩み

 

子供に対する悩みの中でも「勉強しない」という悩みは、子育ての悩みの中でもトップ3に入るくらい難しい悩みと言えます。何しろ、実践する主体は親ではなく、子供なのです。
子供が親に叱られたからイヤイヤするのでは、自主性が育たないだけでなく、勉強も伸び悩む可能性も大きいのです。では、勉強する子に育てるのはどうすれば良いのか? 実は勉強しない子を作っているのも、親なのかも知れませんよ。勉強する子・しない子の別れ道は、ママのNGワードにあったのです。

 

子供のスクスク成長を応援するサプリ せのびーるはコチラ↓

 

せのびーる公式サイトへ

 

子供の勉強の悩み 勉強する子・しない子の別れ道はママのNGワードだった

 

最初に勉強を意識するのは、幼稚園くらいからでは無いでしょうか? 小学校に入る準備として、ひらがなを読めたり、数字やちょっとした計算が出来るといいかもと思いますよね。幼稚園までは遊びの中から自然に覚えてもらうのが、最良の方法です。絵本の読み聞かせで文字にも興味を持ってもらう、声や音の出るオモチャ、最近では知育ゲームもたくさんありますね。遊びの延長線上で楽しみながら覚えるのがポイントになります。

 

ところが、小学校に入ると、宿題という形で、半ば強制的に勉強が意識されるようになります。勉強は楽しく学ぶだけでなく、しなければいけないものになるのです。
それなのに、ママから上から目線で「勉強しなさい」と言われたら、どうでしょう? もちろん、しなければいけないことはわかっていても、「イヤだな」という気持ちが芽生えてくる子供も多いのでは無いでしょうか? たとえ、表面は素直に従っていても、なんとなくイヤな気持ちが、ずっと残ります。
喜んで勉強する子としない子の別れ道は、ママの言ってはいけないNGワード、マイナスの声掛けをしていることにあったのです。

 

1.マイナスの声掛けは、ママのNGワードになる

 

たとえば、「勉強しなさい」の前に「早く」をつけてみてください。
子供は口答えで「今やろうと思ってたのに」とよく言いますよね。本当に今やろうと思っていたかどうかは、この際問題ではなく、子供のやる気をママが急かして、奪ってしまっているのです。

 

また、「どうしてこんな簡単な問題がわからないの?」と言う風に頭ごなしに叱るのもNGです。ママにとっては簡単に思えても、子供にとってはとても難しく、納得できないのです。
スポーツでも、コツを飲み込ませてくれるのが上手なコーチと昔は凄く有名な選手だったけど教えるのは下手なコーチがいますよね。コツを上手く教えてくれるコーチは、自分も小さい頃にココで苦労したとか、失敗したことを踏まえて、どこが悪いのかを知ってるのです。有名選手だったコーチは、自分は簡単に出来ることが何故出来ないのかを理解してくれません。
勉強でも同じことが言えます。子供がどこでつまづいているのかを同じ目線で考えてあげたいですね。

 

もうひとつ、子供に否定的な未来を提示して、頑張りなさいと言ったり、子供の友達と比べて否定するのも、NGワードになります。否定が先に来てしまっていたら、子供はどんなに勉強してもダメだという刷り込みが出来てしまいます。

 

<ママのNGワードの例>

 

早く勉強しなさい
どうしてわからないの?
これじゃあ試験で0点とるわよ
○○ちゃんはやってるのに、アナタはダメね
受験落ちたらどうするの?

 

などなどなど。。。上からのプレッシャーやまず否定から入る声掛けは、ママのNGワードです。
つい言いたくなる気持ちは痛いほどわかりますが、ここはグッとこらえましょう。勉強しない子、したくない子をママ自身が作っていることになるのですから。

 

子供が勉強を好きになり、やる気が出て、頑張るというモチベーションを維持させてあげるには、どうしたら良いのでしょうか?

 

2.ほめることの大切さ、プラスの声掛けをするには

 

勉強をする子としない子の分かれ道は、マイナスの声掛けでは無く、プラスの声掛けが出来るかどうかにあります。プラスの声掛けで、子供のやる気は、グンと変わります。

 

勉強 ママのNGワード

 

<プラスの声掛けの例>

 

そろそろ宿題も片付けちゃう?
決まった時間に勉強出来るなんて偉いなぁ
今日も頑張ったね
これが解けたら(出来たら)すごいね
分からないとこあったら、一緒に考えようか

 

ただ強制だけを伝えるより、「そろろそろ勉強した方がいいんじゃない?」とか「まだしてないみたいだけど、大丈夫?」というように、まずは軽く注意喚起をするのが良いでしょう。
そして、出来たら頑張ったことを褒めたり、凄いねと感心して見せると、達成感がありますよね。良い気分で勉強を終わらせることも大事です。あまり大げさに褒めなくても、ママがニコニコしていれば、子供も嬉しいですよね。
難しい問題などの時は、ちょっとヒントを与えたりして、一緒に考える姿勢を見せるのも良いです。答えを直接出すのではなく、考える過程で一緒に悩んで、出来た時に一緒に喜んでみてください。

 

プラスの声掛けは、ママは「待ち」が必要です。なかなか勉強をしなかったりするとママとしてはイライラしがちだと思いますが、ちょっと一歩ひいて、笑顔で声掛けをしてみましょう。
子供の良い面を褒めて、もっとやれるという気持ちや自主性を引き出せれば、子供は自分から勉強をするようになります。勉強をすることは苦痛では無く、楽しいと感じられるようにしてあげたいですね。
子供の小さな変化や出来るようになったことを気づいて、褒めてあげるだけで、子供はママがいつも見てくれていて、自分を認め、肯定してくれていると感じ、新しいことにも挑戦できるようになるでしょう。

 

集中力や免疫力も高めてくれる子供サプリ せのびーる情報はコチラ→せのびーる情報へ

 

3.勉強のやる気を出せる解決策

 

以前、子供番組で、子供の体のどこかにある〇〇スイッチを押すと、途端にやる気モードになって、あっという間にしなければいけなかった事が出来てしまうという楽しい設定がありました。いわゆる「やる気スィッチ」ですね。
私も子供と見ていて、そんなスィッチが自分や子供にあったら、すぐ解決するのにと、羨ましく思ったものでした。
実際には、スィッチという形こそありませんが、子供にやる気を出させる解決策は、必ずある筈です。

 

<勉強のやる気を出せる解決策とは>

〇勉強する習慣や時間を作る
〇勉強をしたくなる環境を整える
〇子供の興味や好奇心を伸ばしてあげる
〇子供の行動を否定せず、肯定しよう
〇親も頑張っているところを見せる

 

勉強する習慣や時間を作る

 

なるべく自然な流れで、勉強する習慣や時間を作りましょう。出来れば、毎日短い時間でも良いから、ちょっとやることを習慣化させ、成長に合わせて、時間を伸ばしていきたいですね。勉強はご飯の前とか、お風呂をあがってから寝る前にというように、ちょうど良い時間を作っていきましょう。

 

勉強をしたくなる環境を整える

 

集中力が出るように一人の静かな部屋での勉強がはかどりそうですが、リビングなど親や兄弟がいてにぎやかな環境の方が、勉強が出来る子供が多いという調査結果もあります。わからない所はママに質問も出来るので、テレビはちょっと消しておいたり、好きな音楽をかけてあげたりするのも良いです。

 

勉強とせのびーる

 

子供の興味や好奇心を伸ばしてあげる

 

子供が何かに興味を示したり、好奇心を持った時は、チャンスです。昔の恐竜に興味を持ったら、図鑑を買ってあげたり、博物館などに連れて行ってみては、どうでしょうか? 深く知りたいという気持ちを伸ばすことで、勉強への道も開けます。最近では、自分でゲームを作ってしまう子供だっています。ゲームなどをするのが悪いという否定から入らず、子供の好きなものにママも興味を示して、いっしょに調べてみる姿勢が大事です。

 

子供の行動を否定せず、肯定しよう

 

子供にも人格があります。勉強をしないという全否定から入ってしまっては、子供はいつまでも勉強しない子に育ちます。他の子供や兄弟と比べたりせず、その子をその子自身として肯定してください。あなたはこんなところが優れてて、才能があると良いところを見つけていきましょう。

 

親も頑張っているところを見せる

 

子供に対して、ただ勉強しなさいと叱るのではなく、親も頑張っているところを見せてください。子供が勉強している間を読書や趣味の時間に当ててみるのもおススメです。

 

子供も中学校や高校になると、なかなか一筋縄ではいかなくなるでしょうが、小さい頃からやる気が出る習慣や環境、モチベーションを作っておいて基礎をしっかり築いていると違ってきます。

 

更に、子供の成長に必要な栄養を毎日の食事の中で摂らせてあげることも心がけたいですね。成長期に必要な栄養には、脳神経の発達を促す大事な栄養もありますし、集中力を高めてくれる栄養もあります。
もしかして、ちょっと足りていないかもと心配になったら、子供の成長を応援してくれるサプリ せのびーる を勉強の合間に2粒だけ食べてみるのも、良いかも知れませんね。

 

サイトTOPへ

せのびーる 購入はコチラ