身長が伸びる 子供の成長に不可欠な3大要素を押さえれば、もっと伸ばせる

せのびーる 購入はコチラ

身長が伸びる 子供の成長に不可欠な3大要素を押さえれば、もっと伸ばせる

 

身長が伸びる 子供の成長に不可欠な3大要素を押さたら、もっと伸ばせる筈です。子供の成長は親にとって楽しみであり、喜びでもあります。心配や苦労の多い子育ての一番大きなご褒美といっても過言では無いのではないでしょうか。
子供の成長が目に見えてハッキリわかるのは、身長と体重がどのくらい増えたかですが、特に身長はいつか自分を追い越していくのかもと思うと、その日が待ち遠しいようでもあり、「本当に追い越されたらちょっと悔しいかも」なんて、想像してみることもありますよね。

 

身長は以前は遺伝が全てであるかのように言われて来ました。しかし、遺伝もある程度かかわっているものの、生活環境の充実が子供の身長が伸びるかどうかの重要なポイントであり、その中で子供の成長に不可欠な3大要素を押さえることが出来れば、身長はもっと伸ばせることが出来るのです。

 

身長伸ばす 3大要素

 

<<身長と成長のための3大要素とは>>

1.栄養のバランス
2.適度な運動
3.睡眠の質

 

子供が成長していくには、骨や神経や組織や脳を作っていく成長ホルモンの分泌が必要ですが、たくさん分泌するようにしっかり栄養を摂り、運動をして、分泌が盛んな睡眠時にきちんと眠っている必要があるのです。
なんだか大変そうだな~なんて思うかも知れませんが、そんなに四角四面に構えなくても、実は大丈夫です。ちょっと心がけていけば自然に出来るようになる秘訣を公開します。

 

1.栄養のバランス

 

「身長が伸びる=カルシウムをたくさんとればいい」と思っていませんか? 牛乳をたくさん子供に飲ませたり、カルシウムの多い食品をいっぱい食べさせることは、確かに悪い事ではありません。
私も子供が幼稚園くらいから、出来るだけ牛乳を飲んでもらおうと味を変えてみたり、簡単なお菓子や料理にも加えてみたといろいろ工夫した経験があります。骨や歯を丈夫にする上では、カルシウムの摂取はとても大事ですよね。

 

身長伸ばす 3大要素

 

ただ、カルシウムだけとれば、もう安心なのではありません。成長期の子供は大人の倍以上のカルシウムを必要としていますが、カルシウムが体内に入ってもカルシウムだけでは吸収率が悪く、無駄になってしまうのです。カルシウムと一緒にビタミンDをとれば、その吸収率をグッと上げ、更に骨や歯の形成を促すことが出来ます。
ところが、このビタミンDは、キノコや小魚類などの食べ物からでは含有量はそれほど多くありません。そこで、もうひとつ、ビタミンDを簡単にとれる方法があります。

 

ビタミンDの中でも、皮膚組織にプロビタミンD3という前駆体(その物質を生成する前の段階の物質)があって、紫外線を浴びることでビタミンD3になります。子供が外遊びをする機会が減ってきていますが、日光を浴びるだけでビタミンDが作れるなら、外遊びや外での運動の機会を増やしてあげたいですね。

 

ちなみに、紫外線は浴びすぎても問題がありますが、ビタミンDがを十分に摂れず欠乏症が長く続くと骨が曲がったり、変形してしまう「くる病」になってしまう場合もあります。くる病は子供の骨にだけ発生して、身長の伸びを阻害することにもなります。

 

栄養面で、カルシウムとビタミンDを摂っていればもう大丈夫と安心するのは、まだ早いと言えます。
身長を伸ばす栄養素として、カルシウムとビタミンDだけでなく、たんぱく質、マグネシウム、亜鉛も大変重要なのです。その他にも、カルシウムの吸収を助けたり、骨の健康を維持してくれる栄養素があります。

 

<<骨の成長のための栄養素マトメ>>

 

たんぱく質(コラーゲン) 骨の土台
カルシウム・リン     たんぱく質にくっついて、丈夫な骨を作る
マグネシウム       骨の強度・弾力性調整・骨の健康維持
ビタミンD         カルシウムの吸収率アップ
ビタミンK         石灰化を促進・骨吸収(骨からカルシウムが出ていく)を抑える
亜鉛            コラーゲン生成・分泌
銅・マンガン・ビタミンC  コラーゲン生成
アルギニン        ビタミンB6がアルギニンを合成・成長ホルモンを増やす

 

野菜や肉など食材の中にいろいろな栄養が入っているように、人も必要な栄養がたくさんあり、それらが体の中で、協力し合って、健康で丈夫な体作りをしていることで、成長ホルモンも増えて、身長が伸びるのです。
たったひとつの栄養が必要なのではなく、バランスよく栄養を摂ることこそが、身長を伸ばす3大要素のひとつなのです。

 

一日に必要だけど、どうしても足りない栄養を補うサプリ情報はコチラ→せのびーる情報へ

 

 

2.適度な運動

 

紫外線を浴びることでビタミンDを皮膚で作れるので、外遊びや外での運動も大切なことは前述しましたが、子供の成長、特に身長を伸ばすためにも、適度な運動をすることは推奨されます。それは、適度な運動をすることで、成長ホルモンが分泌されるからです。

 

では、何故「適度な」運動が良いのでしょうか? 反対に、適度では無い運動とは、何かを探ってみましょう。

 

運動をした時にも、睡眠時ほどではありませんが、成長ホルモンが分泌されます。また、子供の骨を製造する子供の時にしか見られない「骨端線」は運動による軽い刺激が加わると、活発に骨芽細胞が骨を作り始めます。この骨端線が硬い骨にかわってしまい無くなると、骨の成長も止まり、身長が伸びなくなるのです。

 

<成長や身長にも効果的な適度な運動の種類>

 

外遊び
なわとび
軽いジョッキング
バレーボール、バスケットボール
ストレッチング
ダンス
水泳
トランポリン

 

小さい子供の場合は、公園などで思いっきり駆けまわったり、遊具を使って遊ぶだけでも、十分な運動になるのでは無いでしょうか。骨の発育のために、骨端線に縦の圧力がかかるのが良いとされているので、なわとびなどジャンプが出来る運動も適していると言えます。疲れすぎない程度のジョッキングもおススメですし、身体を柔軟にしてくれるストレッチングも良い運動です。

 

子供の身長伸ばす 

 

また、最近注目のトランポリンも良い事ばかりです。
10歳以下の子供はまだ筋力も弱いですが、無理をして筋力を鍛えるのではなく、それを補助してくれるトランポリン(器具)を使うことで、簡単に体幹が鍛えられます。5分間トランポリンをしただけで、1キロのジョッキングと同じ効果が得られるという話もあるくらいなので効率の良い運動と言えるかもしれません。
空中にジャンプするという不安定な環境の中でバランスをとるのですから、運動神経の発達にも良い影響が出そうですし、瞬時の判断が出来るようになるので脳の発達にもつながります。

 

<成長や身長に適していない運動>

 

マラソン
筋力トレーニング(重量挙げなど)
長時間に及ぶ運動

 

体に過度な負担をかけてしまう運動は、身長を伸ばすことには適していません。圧力がかかりすぎると、縦方向に伸びなくなり、傷つけてしまう危険もあるので、子供に頑張らせすぎるのは注意が必要です。
長時間に及ぶ運動は、たくさんの負荷をかけ過ぎることになり、筋肉を回復するのに成長ホルモンが使われてしまって、身長を伸ばす方には使われないことにもなります。

 

最後に、一番大事なのは、子供の意志です。子供がやって楽しい、続けたいと思う運動を続けさせてあげることが、一番です。もちろん、その時にも適度な運動を意識しておきたいですね。

 

3.睡眠の質

 

一日の終わりにやってくる睡眠も、子供の成長に欠かせない3大要素になります。
睡眠の役割はただ一日の疲れをとるだけではありません。実は、成長ホルモンが一日の内で最も多く分泌されるのは、睡眠時、特にぐっすりと熟睡している最も深い眠り、脳も体も休憩状態に入っているノンレム睡眠の時なのです。深く眠るためには、ただ長く時間を寝ていただけでなく、質の良い睡眠をとっていなければなりません。
子供の場合だと、眠りについてから2時間後くらいに初めての深い眠りに入るので、その時に成長ホルモンの分泌が最も多くなっているので、午後10時から2時くらいとされることが多いです。

 

ちょっと成長とは逆に思えるかもしれませんが、身長を伸ばすためには、成長のピークと言われている思春期の訪れを出来るだけ遅くすることも求められます。
思春期の訪れが早かった子供よりも、遅かった子供の方が最終的な身長が高くなっている傾向があるのです。つまり、成長のピークを出来るだけ先に延ばすことで、その間も成長が続くからなのです。
どうやったら、思春期を遅くできるのかと言うと、やはりここでも睡眠の質にかかってくるのです。

 

睡眠の間には、成長ホルモンだけではなく、メラトニンというホルモンも多く分泌されています。メラトニンは体内時計に働きかけて自然な眠気を誘い、副交感神経を優位に立たせることで気持ちを落ち着かせ、呼吸や脈拍を安定させたり、血圧を抑えて、心地よい眠りをもたらしてくれます。睡眠のリズムを作って、質を高めてくれるホルモンなのです。
一方で、成長期の子供の「性成熟を抑制する」作用も持っています。メラトニンが性成熟を抑制してくれることで、思春期が来るのを遅らせることも可能になるのです。

 

睡眠についての関連記事はコチラ→寝る子は育つの真実

 

<質の良い睡眠のために>

 

同じ時間に寝て同じ時間に起きるリズムを作る 25時間の体内時計の調整
食事は眠りに入る2時間前まで済ませる 眠っている間は消化活動がない
お風呂は30分~1時間前までに入る 深部体温の維持が出来る
眠るための環境づくりをする 部屋を暗くし、刺激的な光を遮る
安眠・快眠グッズの利用 睡眠のサポートをしてくれる

 

枕・布団・マットレスなどの寝具、ゆったりした肌触りの良いパジャマなど着るものでも、寝やすく快適なものを選んであげることも大切だと思います。
最近は低反発や高反発の寝具も増えて、ひとりひとりに合った安眠快眠グッズを見つけて、利用するのもぐっすり眠れるコツになりかもしれません。

 

子供の身長伸ばす 睡眠

 

ウチの娘のケースですが、小学校4年生くらいまでは、起きた時に夜寝た時と頭の位置が正反対になっていることが多かったです。夜中に大運動会でも開いてるのかと思うほど、暴れて寝ていました。高学年になって、ある時、とてもスッキリ起きてきました。それからは自分でもよく眠れるようになったと自覚したようです。
驚くような変化をもたらした原因は、新しい枕を買ったことでした。頭の高さがちょうどよく、枕に頭が沈む感じが心地よいと娘が気に入って購入したものでした。それから、朝みると本当に枕から少しもズレずに、行儀よく眠れるようになったのです。
よく「枕が変わると眠れない」と言われますが、枕の大事さを本当に納得できた出来事でした。
枕だけでなく、子供が良く眠れるように環境を整えて、体のリズムを整えてあげることが、成長や身長にも大切なのではないでしょうか。

 

4.3大要素 栄養と運動と睡眠もバランスが大事

 

子供の身長を伸ばすための3大要素「栄養のバランス」「適度な運動」「睡眠の質」を意識して、3つの要素のバランスを守ることが大事です。
運動や睡眠は習慣化してしまえば、割とスムーズにリズムを作っていくことが出来るのでは無いでしょうか? 適度な運動で体を動かすことで、熟睡できるようになるでしょう。
もしかすると、一番難しいのは、栄養のバランスをとることかもしれませんね。カルシウムだけでなくビタミンDもその他も~と考えると、毎日食事を作っているお母さんは特に頭が痛くなることだってありそうです。
栄養はバランスで過不足なく摂るのが理想ですが、毎日はとても大変です。それに偏食でこれは食べてくれないというものもあるでしょう。味覚が十分に発達していない子供は好き嫌いが多いのが普通ですよね。
その上、カルシウムやその他の栄養が食事だけは足りていないとしたら、どうすればよいでしょうか?

 

子供の成長をバランスよく応援してくれるサプリ せのびーる を活用してみるのも、おススメです。
せのびーる には、一日にどうしても足りない身長を伸ばすのに必要な栄養 カルシウムとビタミンDが足りない分を補う量だけ入ってます。また16種類もの栄養が、運動する子供、子供の眠りも守れるように免疫力を高めて、成長を促してくれるでしょう。

 

子供の身長だけでなく、全体の成長をどんどん伸ばしていきたいですね。

 

サイトTOPでも、3大要素について書いていますので、良かったら読んでみてください↓

 

サイトTOPへ

 

せのびーる 購入はコチラ