松島輝空 君と深イイ関係のサプリとは 子供をソダテル背も伸びるサプリ

せのびーる 購入はコチラ

松島輝空 君と深イイ関係のサプリとは 子供をソダテル背も伸びるサプリ

 

松島輝空 君と深イイ関係のサプリとは 子供をソダテル背も伸びるサプリについて、興味があったので調べてみました。松島輝空(まつしま そら)君というと、最近テレビなどでもたくさん取り上げられていますが、本物の天才卓球少年なのです。その実力はまだ小学校4年生(10歳)でありながら、卓球界のジュニア部門といっていい全農杯 全日本バンビの部に7歳で初めて出場してから2連勝、カブの部を2連勝、合計4連覇を達成してしまったことからも、わかると思います。
今年(2017年)7月に行われた東アジアホープス大会でも、アジアの代表の年上の小学6年生たちを制して優勝しました。これから益々世界で戦える選手に育っていくこと間違いなしです。

 

その松島輝空君と深イイ関係のサプリがあります。
背(身長)が伸びることをうたっている子供サプリはたくさんありますが、背だけでなく、成長期の子供にとってかかせない栄養をしっかりとれ、身長だけでなく子供をソダテルサプリとして、そら君のお母さん由美さんとお父さん卓司さんがいっしょに選んだのは せのびーる でした。
松島輝空(そら)君だけでなく、せのびーるには成長期の子供たちが深イイ関係になりたい理由がいっぱい詰まっています。

 

輝空君と深イイ関係のサプリ情報はコチラ↓

 

松島輝空とせのびーる

 

松島輝空 君と深イイ関係のサプリとは 子供をソダテル背も伸びるサプリ

 

輝空君の身長は、リオオリンピックで卓球男子シングルで金を獲得した水谷隼(じゅん)選手と同じくタレント(アスリート)契約をしているbeacon.LABの公式発表によると、137センチ(2017年9月現在)です。実は、ここに驚きのポイントがあります。私がそら君に興味を持って2カ月前にチェックした時は、132センチとあったのです。
測定時期がいつなのかはわからないので、確定ではありませんが数カ月~半年で、5センチ伸びたのだと思います。
確かに伸び盛りの時期ですが、5センチは目に見える成長では無いでしょうか? 

 

松島輝空と家族


 

輝空君のお母さん松島由美さん(上写真後ろの右端)は、そら君が「背も体も少し小さめ」なことを心配していたと言います。それが「せのびーるを始めてから背が伸び始めて、体つきもしっかりしてきた」のに驚いたそうです。
お母さんが世界を目指す為にどうしても、背を伸ばしたいと望んでいましたが、はっきり成果として現れたと言えるかも知れませんね。また、せのびーるで変わったのは、背(身長)だけでなく、風邪をひかなくなって、練習を休むことが無くなり、卓球により打ち込めるようになったのが、本当にうれしい変化だったと言います。
そら君だけでなく4人の「子供たち全員に飲ませ続けたい」とまで、由美さんが思ったほど、輝空君とせのびーるの関係は、深イイものになっていたのですね。

 

せのびーるがどうして、子供をソダテル背も伸びるサプリなのか、そのヒミツに迫ってみましょう。

 

1.背を伸ばす、身長が高くなる為の骨の成長サポートサプリだから

 

背が伸びる=骨が成長している」というイメージはなかなかパッとは出てこないかもしれませんね。

 

子供の成長期には、骨が成長する上での特別な「骨端線(こったんせん)」と呼ばれる部分が存在します。骨端線は骨の両端にあって、そこで軟らかい骨(軟骨)を作っています。レントゲンで撮ると、骨と骨の間をつなぐ線のように見えるので、骨端線と呼ばれていますが、成長期が過ぎると硬い骨になってしまい、骨の成長は止まってしまうのです。
つまり、背は伸びなくなります。大人になっても背が伸びたという人もたまにいますが、それは成長ホルモンの分泌がまだあって、骨端線が柔らかいまま残っていたという風に考えられます。

 

生まれた時の子供は、大体50センチくらいですが、3歳から4歳までにその2倍にまで身長が伸びます。それ以降はややゆるかになり、思春期を迎える小学校高学年から中学校にかけて、成長期のピークが来て、一気に身長だけでなく、体格、大人になる準備として体の変化が起こります。
この頃は、骨端線の成長を促す成長ホルモンも一番多く分泌され、思春期を通して、個人差はもちろんありますが、男子は10センチ以上、女子でも6~8センチ平均で背が伸びます。

 

それ以降も背を伸ばしたいと思ったら、長く成長ホルモンの分泌を維持して、骨端線の成長を促していかなければなりません。

 

せのびーると骨

 

その為にも大人よりもカルシウムをたくさん摂取して、丈夫な骨を作ることが必要になるのですが、日本人のカルシウム摂取量はどんなに頑張っても、足りていないという悲しい事実と直面してしまいます。
日本は古来から火山国で、その土壌から作られた農作物には、他の国と比べてカルシウムの含有率が低いのです。

 

カルシウムとミネラルの関連記事はコチラ→ カルシウムとミネラル連記事

 

また、牛乳を飲む習慣が出来たのも、第二次世界大戦後アメリカからもたらされたもので、学校給食によって広く浸透していったという歴史があります。日本人は遺伝的歴史的に牛乳などの乳製品に対して乳糖分解酵素を持っていない場合も多く、程度の差はありますが、乳糖不耐性による下痢やお腹が痛くなるなどの症状が出ることもあります。

 

もちろん、今の子供たちは身近に乳製品が溢れていますし、昔よりは多く摂取出来ていますが、食生活だけでは栄養面でどんなに頑張ってもカルシウムが十分に子供たちが必要なだけ摂れているとは言えないでしょう。

 

せのびーるは、この一日の中で、必要なカルシウムを補強してくれます。しかも、カルシウムの吸収率がよりアップするように、ビタミンDとタッグを組んでいるので、せっかくカルシウムをいっぱい摂っても、吸収が悪くて足りなかったという残念な結果にならないように配分されています。
骨の成長をしっかりサポートすることで、背を伸ばす、身長が高くなるのです。

 

せのびーるを毎日飲んでいたことも、そら君の身長が5センチ伸びる手助けになったのかも知れませんね。

 

 

2.病気にも負けない強い体を作るサプリだから

 

乳幼児の頃は、母乳に含まれている免疫グロブリンが様々な菌などから子供を守ってくれています。少し大きくなると、自分でも免疫を作ることが出来るようになりますが、様々なウィルスや菌への抵抗力をつけるために予防接種も始まります。
また一度かかった病気に対しては、抵抗力がついた、免疫が出来たという言い方もしますね。

 

免疫とは、外部からからだに侵入してきた細菌やウィルスなどの異物(抗原)に対して、免疫細胞が「自分」と「自分以外(敵)」を識別して、撃退し、体を守るシステムです。「自分=自己」と「自分以外=非自己」を認識すると、免疫細胞は対抗するための抗体を作って、攻撃します。最初に自然に反応するのが自然免疫、同じ敵がまた侵入してきた時に、既に記憶された免疫が攻撃をするのが獲得免疫で、私たちが「免疫が出来た」と言うのは、この獲得免疫を実は指しているのですね。

 

免疫細胞は、体の状態によって増えたり、減ったりします。免疫細胞が減って体が弱っていると、侵入してきた菌やウイルスに負けてしまい、病気になってしまいます。
また、免疫細胞が「自己」と「非自己」の認識を誤って過剰反応することで、アトピーや花粉症になってしまうことも知られています。
子供たちが病気にならないように、なっても軽く済むように免疫力をつけておくことは、とても大事です。

 

せのびーるには、自然にある栄養の宝庫と言われている米ぬかから、特許製法で抽出した「RBS米ぬか多糖体」が特別に配合されています。
ちょっと聞きなれない名前ですが、20年以上に渡って国内のみならず海外の有名大学でも研究されてきました。また54か国で米ぬか多糖体は使用されていて、9か国では特許もとっている実績と安心の栄養なのですね。
RBS米ぬか多糖体で一番の働きは、免疫調整作用にあります。
免疫システムのバランスが崩れたり、過剰反応を引き起こしたりするのを文字通り調整してくれます。また、米ぬか多糖体のサプリを使用して、がん細胞をやつけることで知られているNK細胞を始めとして、免疫細胞が増えて、活性化することも知られています。

 

自分の中の免疫力を上げることは、病気にも負けない強い体を作る一番の近道になるのでは無いでしょうか。
松島輝空君のお母さん由美さんが「風邪をひかなくなった」と実感した訳も、ここにあるのです。

 

3.心を育てて、集中力もアップするサプリだから

 

成長ホルモンが働きかけるのは、骨は勿論ですが、神経や脳神経の成長にも深くかかわっています。成長を続けている子供には、たくさんの栄養が必要になります。

 

よくイライラしていると、「カルシウムが足りていない」のではと言われたりしますよね。イライラしている状態は、集中力が無くなり、散漫になっている状態でもあります。カルシウムには、脳神経の興奮を抑える作用もあるので、集中力を上げてくれる栄養なのです。

 

子供の心と体の成長には、カルシウムの他にもたくさんの栄養が必要です。
例えば、ビタミンB1やB6などを代表とするビタミンB群は、神経の伝達をスムーズにすると共に、脳の唯一つのエネルギー源のブドウ糖をエネルギーに変換するにはビタミンB1が無いと出来ません。
量は少ないですが、亜鉛は脳の発達に欠かせない栄養素で、不足すると脳の神経回路やシナプスの働きが鈍くなり、記憶力も下がってしまいます。
体や脳が必要としている栄養は、カルシウムだけ、ビタミンB1だけ、亜鉛だけというように1個だけで成り立っている訳ではありません。カルシウムを摂るのにビタミンDと一緒が効率が良いのと同じように、たくさんの栄養がバランスを取り合っています。
脳を育てて、心を育て、集中力などを高めるための栄養にも同じことが言えるでしょう。

 

せのびーるには、子供が必要とする不可欠で、十分な栄養が16種類、しかも、過多になってしまわないようにバランスよく入っています。カルシウム、亜鉛などの4種類のミネラル、ビタミンD、ビタミンB1など7種類のビタミン、身長を伸ばすアルギニンなどの4種類のアミノ酸、そして、RBS米ぬか多糖体をプラスして、フル装備で子供を守って、育ててくれるサプリなのです。

 

松島輝空

 

テレビで見た9歳の輝空君は、まだちょっと子供っぽかったと言ったら当たり前かもしれませんが、10歳になった輝空君は全日本4連覇などの実績だけでなく、しっかりした顔になって来たなと感じました。それは、身長が伸び、いっぱい練習しても疲れない、病気に負けない防衛力がついたことで、卓球に対してももっと自信が持てるようになったからのように思えます。

 

スポーツにとどまらず、子供の真っすぐな成長をせのびーるで応援出来たらいいですね。

 

 

サイトTOPへ戻る

せのびーる 購入はコチラ