子供のアトピー性皮膚炎の原因と治療法 改善のためのサプリ利用の是非

せのびーる 購入はコチラ

子供のアトピー性皮膚炎の原因と治療法 改善のためのサプリ利用の是非

 

現代病とも言われる子供のアトピー性皮膚炎の原因と治療法 改善のためのサプリ利用の是非を検証します。
その中から、家庭でしっかりケアすることで、改善出来ることはあるかを見つけていきましょう。

 

子供のアトピー性皮膚炎

 

現代病とも言われることのあるアトピー性皮膚炎。子供に多いと思っていたのですが、大人にも年々増えてきています。
どうして現代病とされているかと言うと、その要因のひとつとして、欧米化した食生活や生活パターンの乱れやハウスダストやダニなどが考えらているからです。また、遺伝による体質もあるとされていますが、実際ぶっちゃけてしまうと「原因はよく分からない」のが現状のようです。
専門家のお医者さんたちがハッキリ言っているので、共通認識なのだと思います。

 

個人によっても原因が様々で、乳児の場合は食べ物に関係しているとか、妊娠中の母親の栄養の摂り方にも原因を求める向きもあります。
遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質な場合、アトピー素因があると考えれますが、素因を持っていても、アトピー性皮膚炎にならない人もいます。
うーん、本当によく分からないですよね?^^;

 

そこで、アトピー性皮膚炎のよく分からない原因から、治療や普段のケアの仕方、改善のためにサプリを利用してもいいのか等を探ってみましょう。

 

これが子供のアトピー性皮膚炎の症状

 

アトピーというと、かゆがってたくさん掻いてしまうので、見ている親や周りもかわいそうというイメージが先行しますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

多くの湿疹は左右対称にできて、激しいかゆみをともないますが、その症状は簡単には良くならず、悪化したり良くなったりを繰り返します。
2歳から10歳頃までの子供の場合は、カサカサした湿疹が膝の裏やひじの内側や耳ぶたに出来やすいです。
その症状が半年以上にわたって続くとアトピー性皮膚炎と診断されます。

 

赤ちゃんの頃は肌がまだ弱く敏感なので、肌のトラブルは結構多いです。その全部がアトピー性皮膚炎ではありません。
アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患の一種で、肌のバリア機能が低くなっている時に、アレルギーの元になるアレルゲンが侵入してしまうことで発症する場合もあります。
また、前述したようにアトピー素子を持つ子供に多いとも言われていますが、外部的な要因として、食事やダニあホコリ、石鹸や除菌で肌のバリア機能が弱まった場合、化学物質による刺激もあるとされています。

 

子供がアトピー性皮膚炎かを見分けるポイント

 

子供のアトピー性皮膚炎

 

1.繰り返しなっていないか?
2.頭部からの湿疹は注意
3.ジュクジュクか、カサカサか
4.遺伝的な素因を持っているか

 

汗による汗疹(あせも)や突発的な湿疹は、すぐに治りますが、アトピー性皮膚炎の治療は時間がかかります。
しかし、乳幼児は2歳を過ぎるとコロッと治ってしまうケースも多くあります。
その頃に、アレルギーに対する免疫と異物を除去しおうとする免疫のバランスがとれてくるからです。
皮膚が丈夫になっていくとアトピー性皮膚炎も自然に治っていくというのが定説です。
ですが、最近は大人になって再発するケースも増えているので、治ったからもう安心では無いかもしれません。

 

家庭で出来る5つのケア

 

あまりにひどい、見ていられないほどかわいそうな時は当然お医者さんに診てもらうのが一番です。
ですが、アトピー性皮膚炎を根本的に治療することはできません。
ステロイドなどの免疫抑制剤の強い薬を使って、一時的に抑えることはできますが、繰り返してしまうので、ステロイドだけに頼るのは、問題があります。

 

では、家庭でできるケアとは?

 

1.掻き壊し防止で爪を短く切る
2.汗をかいたら、清潔に保つ
3.部屋の湿度管理
4.ダニやほこりやカビの除去
5.子供に正しいケアの方法を教える

 

かゆがっている子供にただ「掻いてはダメ」といってもなかなか通じませんよね。大人でもかゆくて我慢できず、わかっていてもつい掻きむしってしまうこともよくあります。
まして子供なら、ダメと禁止されただけでは、我慢することがストレスになって、アトピー性皮膚炎が悪化なんて場合もあります。実はストレスも原因のひとつとされているので、要注意です。

 

爪が伸び過ぎて肌を傷つけないように爪を短くしておくことや汗対策やお風呂に入った後の保湿ケア、部屋の環境を良くする努力などは次善の策として有効だと思います。

 

子供のアトピー性皮膚炎

 

また、かゆみを抑えるために適切なケアの方法を普段から子供にも教えておくことも大事ですね。
「こうしたらかゆくなくなるよ」って教えることで、子供も掻いてばかりでは治らないことを覚えていくでしょう。

 

>>せのびーるの成分RBSで免疫力アップするには→関連時事へ<<

 

掻いても治らないかゆみの3つの原因

 

かゆい時は、掻けば掻くほどかゆくなるという悪循環が良くあります。
頭ではわかっていても、ボリボリ掻いてしまうのにも、ちゃんと原因がありました。

 

子供のアトピー性皮膚炎のケア

 

1.ヒスタミンの放出

 

掻く刺激を受けて、ヒスタミンが過剰に放出されます。ヒスタミンは活性アミノ酸の1種ですが、普通の状態では細胞の中にありますが、外からの刺激を受けて、細胞の外に放出され、そこから起こる症状がアトピー性皮膚炎や花粉症、アトピー性鼻炎です。

 

つまり、掻けば掻くだけヒスタミンが放出されて逆効果になってしまうのです。

 

2.バリア機能の低下

 

皮膚の角質層にはバリア機能がありますが、子供の皮膚が薄く敏感なのに、アトピー性皮膚炎になってしまうと、更に水分と油分の欠乏からガサガサの状態の敏感肌になってしまいます。
バリア機能が低下しているところに、掻く刺激が加わると・・・どうなるかは言うまでもありませんよね。

 

3.末梢神経と中枢神経のダブル攻撃

 

アトピー性皮膚炎は神経の先端部分で起こっていますが、かゆみは中枢にも伝わり、脳内神経伝達物質のオピオイドがかゆみを感じて、ストレスや内臓の病気に作用してしまいます。

 

薬だけに頼らない子供のアトピー性皮膚炎の治療3つの方法

 

あまりにひどい時は、お医者さんや薬で治した方が勿論早道です。
でも、長い付き合いになる病気なので、薬だけでなく、普段の生活を見直すことで、かゆみを和らげ、免疫力をつけていくことが長い意味での治療になるのかも知れませんね。

 

1.アレルゲンを見つけ、出来るだけ除去

 

一般的には、2歳までは食品やダニ、それ以降はハウスダストで発症することも増えます。
ただ、アレルゲンは個人個人で異なるので、親がしっかり観察して、アレルゲンの原因をある程度特定してあげる必要はあるでしょう。

 

医療機関でアレルギー検査を受けることも出来ますが、子供が小さい場合は採血も難しいので、なかなか検査をしてくれないケースも多いようです。

 

アレルゲンがわかったら、なるべく遠ざけることが治療への一歩になるでしょう。

 

2.アレルギー以外で、かゆみにつながる刺激を回避

 

汗を掻く、肌が乾燥する、衣服の擦れ、石鹸類やシャンプーなどに含まれる成分、入浴後体温まった後の血管拡張、ハウスダストが原因でない場合でもほこりなどの様々な刺激から、かゆみが誘発されることはあります。

 

ウチの子供の体験談ですが、アトピーではありませんでしたが、小さい頃はすぐにあせもが出来たり、ちょっとしたことで吹き出物が増えたりはよくありました。
そんな時に一番活躍したのは、ベビーパウダーでした。赤ちゃんの時のおむつ替えはもちろんですが、汗をかいたり入浴後は常用していました。皮膚を滑らかにしてくれる滑石(タルク)という鉱物と植物のでんぷんが原料で、微細な粒子が水分を吸い上げてくれ、湿度を適度に保ってくれます。
皮膚が薄く敏感な赤ちゃんに使っても大丈夫なモノだったので、子供は小学校高学年になっても、汗をかいた時などはかゆくなる前に自分から使っていたので、かなり長く愛用しました。

 

3.入浴後の保湿ケアと寝る前の体温調整

 

子供が夜かゆみが出て夜泣きをしたり、眠れないと子供だけでなく親も本当に辛いですよね。

 

一日の中でかゆみを抑えるのに一番重要なタイミングは、入浴後にすぐに保湿ケアが出来るかどうかです。
お風呂に入っている間についた水分はすぐに蒸発して、乾燥してしまいます。子供は大人よりも早く乾燥するので、入浴が終わったらまず保湿ケアを心がけましょう。

 

ベビーパウダーや子供用のローションなどで良いと思いますが、注意点として、保温効果があるものは避けるべきです。
体温の上昇で血行が良くなると、アトピー性皮膚炎の場合はかゆみが増してしまう危険性もあるからです。

 

寝る時間までに、ポカポカした体温が落ち着くまでちょっと待った方が良いでしょう。
また肌だけでなく喉の乾燥にも注意してください。子供が眠る部屋の温度や湿度も乾燥しないように調整してあげましょう。

 

改善のためのサプリ利用の是非

 

アトピー性皮膚炎の治療薬としては、ステロイドが効果が大ですが、その分副作用も強いので、頻繁に使用するのはちょっとためらいますよね。長期的にではなく、いざという時に適切に使ってあげたいお薬だと思います。

 

体質改善のために、家庭で出来るケアをしっかりすることもとても重要ですが、それだけではまだ足りないと感じることも多いでしょう。子供用のサプリメントで更に改善のステップアップを図るのも良いのでは無いでしょうか?

 

アトピー性皮膚炎改善のためのサプリもたくさん出ています。
特に、乳酸菌は注目されています。乳酸菌といっても、1種類ではなくたくさんの種類があります。個人個人との相性もあるので、これが一番というのを見つけ出すのは大変かもしれません。

 

>>乳酸菌とアトピーやアレルギーについての関連記事はコチラ→<<

 

乳酸菌だけでなく、体の免疫力を鍛えて、外からの攻撃に対抗できるようになれば、アトピー性皮膚炎の改善もスムーズに進んでいくでしょう。

 

子供のアトピー性皮膚炎とせのびーる

 

乳酸菌を摂ればすべて解決とはいきません。ビタミンやミネラルも改善に効果のある栄養素になります。
ビタミン群は、一酸化窒素を除去してくれたり、ステロイド剤に含まれる副腎皮質ホルモンを体内で作るのを活発にしたり、肌や髪にうるおいをもたらしてくれます。
亜鉛は300種類以上の酵素を作りだしてくれますし、アトピーで摂れない食品があるとカルシウム不足に陥ります。
体を強くするために、様々な栄養が必要です。

 

私は、ヨーグルトや乳酸菌飲料と一緒に、マルチな栄養素たっぷりのサプリ せのびーる を食べるのも、手軽に出来る改善の強い一手になるのでは無いかと思っています。
アトピー性皮膚炎が治っていく過程の子供をしっかり守ってくれるのではと期待してしまいます。

 

せのびーる 購入はコチラ