せのびーる 遺伝だけじゃなかった 才能の伸ばし方

せのびーる 購入はコチラ

才能は遺伝する? 子供の持つ才能を伸ばすには

子供の才能と遺伝

 

子供は親に似るとよく言われますが、本当のところ、遺伝ってどのくらい子供に影響があるのか気になりました。

 

私は音感が無くて、音楽的センス全くダメだったけど、子供にはそんな思いさせたくない。でも、遺伝だから仕方ないかな?

 

最初から遺伝だとしたら、ダメかもってあきらめている傾向もあったりしますよね。

 

たとえば、全く同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも、子供の頃は見分けがつかないくらいソックリでも、大人になると違いがわかるようになります。

 

それは、遺伝要因だけでなく、環境や過ごしてきた時間が違って来るからでしょう。開花した才能も一卵性でも全く同じではありませんね。

 

実際、どの才能は遺伝で、どの才能は遺伝では無いとかあるのでしょうか?

 

遺伝は遺伝子で決まる?

 

子供の才能にせのびーる

子供が生まれた時に、「パパ似か、ママ似か?」というような話題で盛りがりますが、顔立ちは一番遺伝の要素が強いです。

 

目の色や大きさ、一重か二重か、鼻や耳の形などが顕著です。小さい頃は似ていないと思っても、大きくなって似てきたなんてこともありますね。

 

では、才能面はどうでしょうか?

 

才能に関わる遺伝子の存在は、いくつか確認されています。

 

音楽や絵画など芸術、運動、知能は、どのくらい遺伝が関係しているのでしょうか?

 

音楽と運動は遺伝の影響が大きい?

 

子供の才能と遺伝

 

どんな音色でも聞き分けられる絶対音感を持った人がいます。音楽家を目指すなら是非ともほしい才能だと思いますが、絶対音感は1万人に一人とも言われ、必ずしも遺伝とは言い切れません。
ただし、遺伝子が音楽に与える影響は非常に高いという研究データもあるそうです。

 

運動能力に関わる遺伝子も200以上の遺伝子について研究され、持久力や瞬発力、体力要因は、80パーセント近くは遺伝と考えられています。
ただ、運動神経が良いというのとは違うことに注意です。遺伝による身体能力が大きいとは言えますが、運動神経はほぼ遺伝しないとされています。

 

知的才能 天才遺伝子は存在する?

 

知的障害や発達障害などに関わっている遺伝子の存在は確認されています。そこから、知性や言語能力も遺伝の影響を受けていることはわかっています。
しかし、天才が出来る遺伝子は確認できていません。
たとえば、アインシュタインの遺伝子から生まれた子供が、天才になる訳ではないということですね。

 

正直な話ですが、天才遺伝子があって、全部決まってしまっていたら、面白くもなんとも無い気がします。

 

遺伝は才能の一部ではあっても、全てではない

 

子供の才能にせのびーる

 

親から伝えられた才能があったとしても、それを伸ばすのは環境であり、子供自身の努力があってこそだと思います。
子供が自分の中に秘められている才能に気づいて、それが好きで続けられる才能だった時にこそ花開いていくのです。

 

スポーツ一家とか、芸術家が家族に多いという場合でも、遺伝よりも出来る環境が整えられていたからなれた部分は大きい筈です。

 

子供に何かの才能があるのではと感じたら、まず伸ばしていけるように環境を準備することから始めてみてはどうでしょう?

 

すくすく伸びる成長と健康をサポートしてくれるサプリせのびーるも、親と一緒に子供の才能を後押ししてくれるかもしれません。せのびーるで遺伝だけでは無いたくさんの可能性を育ててみてはどうでしょう?

 

せのびーる 購入はコチラ