子供の身長の理想的な伸ばし方とせのびーるの使い方

せのびーる 購入はコチラ

身長が伸びる限界点は? 子供の身長の理想的な伸び方とは?

 

子供の成長の目安として、学校の身体検査の結果などで、1年前より何センチ伸びたかで、子供の成長を実感することも多いと思います。

 

でも、身長ってどこまで伸びるのでしょう? 最近は、日本人でも2メートル近いスポーツ選手も多くいますね。
スポーツ選手に限らず、将来を考えた時に身長制限のある職業もあるので、子供の身長は高いに越したことはないようにも思うのですが、身長が伸びる限界ってあるのでしょうか?
そこから、子供の身長が理想的に伸びるヒントを探してみたいと思います。

 

人類史上一番背の高った『優しい巨人』がいた

 

身長を理想的にせのびーるで

 

ギネスに認められている最高記録で、アメリカ人のロバート・ワドローさんは272cmあったそうです。

 

20世紀初頭の人ですが、いまだに破られていない大記録です。8歳の時に既に188cmになっていて、それから年に10cmくらいずつ伸び続けた計算になります。

 

けれど、彼の高身長の秘密は、残念ながら下垂体性巨人症という病気によるもので、下垂体から成長ホルモンが過剰に分泌され続けて、22歳の若さで亡くなるまで身長が伸び続けていました。

 

現在最も身長が高いのは、250cm台で数人いますが、ワドローさんと同じように巨人症を患っていたり、体重を支え切れず膝に負担がかかり、歩行困難になる場合もあるようです。

 

ワドローさんの写真はたくさん残っていて、成人男性と並んだ写真では、成人男性の身長が足の高さまでしかなく、まるで子供のように見えます。
身長のお蔭で大変有名になりましたが、とても温厚で、周りから愛され、『優しい巨人』と呼ばれていました。

 

人間の身長には、立ち上がれる限界点がある

 

身長を理想的にせのびーるで

 

昔話や神話に出てくる巨人の話も、本当に身長の高い人たちがいたことから伝説になったのかもと考えるとロマンがありますね。

 

ただ、人間も立体だと考えると、身長が伸びると体重は3乗に比例して大きくなり、骨の強度が2乗に比例して大っきくならないと体重を支え切れないのだそうです。

 

数学的な問題なので、わかりにくいですが、陸上恐竜のような巨大生物がほろんだのは、一説に大きくなりすぎたからではないかとも言われています。

 

自分の骨で体重を支え切れないところが、人間の身長の限界点と言えるかもしれません。

 

子供の理想的な身長の伸び方は?

 

身長を理想的にせのびーるで

 

ワドローさんの例からも、身長がただ伸びればいいのではなく、その大本である骨が強くなければ健康的に身長が伸びたとは、言えないとわかりますね。

 

もう一つ、成長ホルモンが分泌されている間は、身長は伸び続けることが出来るということです。それは成長期のピークを遅れさせる、つまり長く成長期を維持できれば、身長は伸び続けることが可能になります。

 

食文化の欧米化が進み、戦後から伸び続けてきた身長がここ10年は頭打ちで伸び悩んでいるという国のデータがあります。

 

男性は平均で170cm、女性では160cmに届いていません。なのに、身長が高くなったと感じるのは、その中でも理想的に伸ばすことが出来た人が目につくせいでは無いでしょうか。

 

理想的に身長を伸ばすのは、丈夫な体を作りながら、食事や睡眠や運動で健康的な生活を送ることが大事です。

 

せのびーるでカルシウム不足を補うのも、理想的な伸ばし方です

 

骨に十分な栄養を供給しなければいけませんが、日本人はカルシウムが慢性的に不足状態にあるとされています。

 

そこで、更なる補強として、子供用のサプリメント使うことも考えてみても良いかもしれません。

 

一日のカルシウムの不足分を補って、健康的で、丈夫な骨作りと負けない体つくりをサポートしてくれるせのびーるを私は子供に食べてもらっています。

 

優しい巨人にはならなくていいけど、優しい強い大人になってほしいと思ったからです。

 

もし、せのびーるに興味を持たれたら、公式もちょっと覗いてみてください。理想的に身長が伸びるための詳しい解説もあります。

 

せのびーる 購入はコチラ