せのびーる 賢い子供用サプリを選ぶコツ

せのびーる 購入はコチラ

タイプ別子供用サプリの賢い使い方 子ども用サプリ併用が危険な訳

せのびーる選ぶ

 

子供用サプリを選んで使わせるのは、たいてい親の側のこうあってほしい、元気に育ってもらいたいという願いからだと思います。

 

だからこそ、賢く子供用サプリを選んで、賢く使ってもらいたいです。

 

万が一、副作用やアレルギーなど健康障害が出たらと想像してみてください。親である自分ではなく、子供が苦しむことになります。

 

どの子供用サプリが子供に合っているか、慎重に見極めていきたいですね。

 

そこで、どの用途に使いたいかをタイプ別に分け、子供用サプリを検証してみました。

 

タイプ別子供用サプリ分類

 

タイプ 主な成分 特徴
骨や歯に効く、身長が伸びる カルシウム ビタミンD アルギニン この二つは違うように見えて、カルシウムが深くかかわっています
頭が良くなる カルシウム DHA ギャバ ビタミンB1 脳の成長を促したり、集中力ややる気をアップさせるもの
偏食を治したい ビタミン類 食物繊維 栄養不足をサポートすることが大事
スポーツする子をサポートしたい たんぱく質(BCAA バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸を合わせたもの) カルシウム ビタミンB6 怪我や骨折をしないように丈夫な体作り 筋肉を作る
体を丈夫にする ビタミンC 鉄分 RBS(米ぬか多糖体) 免疫力・自己防衛力の強化

 

これで、タイプの中から、目的別に子供用サプリを選べば良いということになります。

 

一番目につくのは、カルシウムですよね。

 

カルシウムを使用場合の注意点としては、カルシウムはビタミンDを必ず一緒に摂る必要があります。

 

カルシウムだけを摂取しても、効果は上がらず、阻害してしまうこともあるのです。

 

また、たんぱく質も、ビタミンB6と一緒に摂ることが大事です。

 

それぞれの栄養素は、単体ではなく相互に影響し合います。そこから相乗効果で体に作用するのです。

 

子供用サプリを、併用すると危険な訳とは?

 

子供用サプリ併用危険

 

では、身長と偏食を治したいからと、2種類の子供用サプリを一緒に摂る、つまり、併用するのは大変危険なので止めた方が良いです。

 

各サプリには、同じ栄養素が被って配合されています。つまり、2種類、3種類のサプリを併用すると、過剰摂取の危険性が増すのです。

 

大人の場合でも、気をつけなければならい点ですが、子供はまだ成長途上で、未成熟です。

 

子供用サプリは、1種類だけを賢く選んで使ってあげてください。

 

どのサプリメントが一番子供にいいのか?

 

せのびーる選ぶ

 

まず一番は、子供が喜んで続けてくれるサプリだと思います。

 

子供用サプリは子供が気に入るように美味しい味付けがされています。子供が気に入ったら、栄養素などをしっかり確認して、安全なものかもチェックしてください。
気に入られるために、味が先行して、栄養素は少なかったというケースも無いではありません。

 

私の体験談としては、最初は身長を伸ばしたいと単純に思っていましたが、調べて行く内に、総合的にバランスの良いサプリで、毎日の足りない栄養を補充できたらと思うようになりました。

 

毎日元気に過ごして行く内に、子供もぐんぐん目に見えて成長してくれていっています。

 

私が最後にたどりついたサプリは、カルシウム・ビタミンDだけでなく、BCAA(たんぱく質アミノ酸)や各種ミネラル、ビタミンがいっぱい詰まったせのびーるでした。

 

せのびーるには、RBS(米ぬか多糖体)というオリジナル特許成分もあって、体も随分丈夫になってくれました。

 

いかがだったでしょう? 選ぶ時の参考のひとつにしてもらえるとうれしいです。

 

せのびーる 購入はコチラ