子供用サプリを食べやすさで比較

せのびーる 購入はコチラ

子ども用サプリメントを食べやすさで比較 栄養もしっかり摂れる子供用サプリはどれ?

セノビールで比較

 

子どもにサプリメントを使わせたいと思った時、ちゃんと効果が出るまで続けられるかが、一番気になりました。

 

せっかく結構なお値段のサプリを買っても、子供が飽きてしまって、もうイヤだって言われたらガッカリしてしまいます。

 

そこで、どのサプリメントが子供も喜んで長く続けてくれそうか比較してみました。

 

多くの子供用サプリは、食べやすさや飲みやすさにも主眼が置かれていて、子供が喜ぶように様々な工夫がされています。

 

飲むタイプと食べるタイプに分別できますが、サプリなのに美味しいことも重要なポイントのようです。

 

飲むタイプとしては、セノビックやアスミールなど牛乳に溶かして飲むサプリが多いですが

 

飲むサプリは大体一日2回くらい飲むことを薦めているモノが多く、毎日はちょっと大変な気もします。

 

そこで、食べるタイプに注目して、比較してみました。

 

食べられる子供サプリメント比較&ランキングはコレだ!

 

せのびーる

せのびーる

 ココア味

 

タイプ タブレットで、一日2粒が目安。

 

栄養 カルシウム・鉄分などミネラル4種とビタミンDなどビタミン7種とアミノ酸4種に加え、RBS(米ぬか多糖体)で免疫力が強化されている。

 

食べやすさ ちょっと子供には大きめのタブレットだが、噛んでも、舐めてもいい。

 

特徴 一日2粒を好きな時に食べるだけなので、子供のプレッシャーにならない。

 

おススメ度 

カルシウムグミ

カルシウムグミ

 ヨーグルト味・イチゴ味・グレープ味などバラエティに富んでいる。

 

タイプ グミを糖衣錠で包んでいる。一日6粒くらいが目安。

 

栄養 カルシウム・マグネシウム・ビタミンDなどのミネラルが中心。

 

食べやすさ 糖衣で包まれているので、噛んだら、グミが出てきて、食べやすい。

 

特徴 美味しさがメインになっているので、栄養の他に、人工甘味料やなどが多めに使用されている。

 

おススメ度 

ひとてまい

ひとてまい

 香料・保存料・着色料0で、味は無い。

 

タイプ 顆粒で、お米などにスプーン1杯混ぜる。

 

栄養 ビタミンE・B1・B6などビタミンが中心。ヒアルロン酸・海洋性コラーゲンなどもプラスされている。

 

食べやすさ ご飯を食べたり料理に使うので、食事として気にせず摂取できる。

 

特徴 お米を食べる場合には有効。子供用というより家族用の面が強く、子供には特化していない。

 

おススメ度 

スクスクカルシウム

 ココア味。

 

タイプ 顆粒のスティックタイプで、水なしでもそのまま食べれる。

 

栄養 カルシウム・マグネシウム・亜鉛などをバランスよく配合。一日2スティックまで。

 

食べやすさ そのまま顆粒で食べるというか飲むのは、ちょっと咽る心配があるかも。

 

特徴 カルシウムグミと同じ会社で、抱き合わせ販売もしている。持ち歩きには便利。

 

おススメ度 

 

 

ランキング1位がせのびーるな訳は

 

セノビールで比較

 

 

ご飯やおやつなどの時間に、美味しく食べられるサプリは、長続きする可能性が高いと思いますが

 

飽きが来ないこと、手間がかからないこと、喜んで食べてもらえること、栄養的にも十分なことなどを考えると

 

せのびーるが一番かなと実感しました。

 

決して手抜きではなく、その手の空いた時間で、子供とゆっくり遊んだり、楽しく会話するのも、成長には良い影響が出ると思います。

 

 

せのびーる 購入はコチラ