せのびーる 低身長かもと思ったら

せのびーる 購入はコチラ

成長曲線でわかる低身長の危険度 もし低身長だとわかったら? 成長の為に出来ること

 

「背比べ」の歌にもあるように、子供の身長を測って記録していくのは楽しいことです。

 

赤ちゃんだと何カ月で何センチとか、何歳で何センチとか

 

身長を図ったものをグラフにして、繋げていくと曲線が描かれます。

 

それが成長曲線です。

 

母子手帳にもついているので、記録として残しているお母さんは多いと思います。

 

子供の成長が目で見てわかるのって、とても嬉しいですね。

 

 

成長曲線の見方は?

 

せのびーる 成長曲線

 

グラフには平均身長の線(標準偏差:SD)が描かれいるので

 

それを基準にして、ウチの子はちょっと平均より低めとかわかります。

 

勿論、個人差があるので、低めだからと言ってすぐ低身長では?と心配されることは無いと思いますが

 

同性・同年齢の平均身長に比べて極端に低い(成長曲線上の-2SDより下にある)場合

 

医学的に低身長と定義されるようです。

 

お医者さんに診てもらう目安としては、-2SD以下であり、小学校低学年で年間の伸びが4センチ以下の場合です。

 

どうしても気になったら、一度お医者さんに相談してみてください。

 

成長障害の原因は?

 

主な原因としては

 

突発性 低身長の原因が特定できない

 

遺伝 両親の身長や体格と似ている

 

小さく生まれてきた 在胎期間が標準より短く、小さく生まれたことで、3歳くらいまでに標準の成長に追いつかない(SGA性低身長)

 

ホルモン異常 成長ホルモンが不足している(成長ホルモン分泌不全性低身長症・甲状腺ホルモン低下症)

 

染色体異常 染色体の数や形の変化が遺伝情報に影響(女子のターナー症候群・プラダウィリー症候群)

 

骨の病気 先天性の骨の病気がある

 

内臓の病気 心臓・肝臓・腎臓などの病気がある

 

栄養 食が細く、栄養のバランスが崩れてしまった

 

心理的・社会的要因 家族からの愛情を十分に感じられない、また、イジメなどによる 精神的な症状も伴う

 

 

お医者様で無ければ解決できない治療を必要とする原因もありますが

 

日常生活でサポートしていくことで改善できるものもあります。

 

遺伝についても、遺伝だからと諦めてしまうのは、まだ早いとも言えます。

 

遺伝の身長への影響は3割ほどと言われ、生活習慣の質を向上されることで変わってくることがわかっています。

 

 

成長ホルモンの正常な分泌を促すには?

 

バランスの良い食生活

 

良質の睡眠

 

適度な運動と日光浴

 

 

意外に思われるかもしれませんが、日光を浴びることで免疫力も向上し、

 

カルシウムやたんぱく質が骨になるのが促進されるのです。

 

バランスの良い食生活は、成長及び健康の基本となるものですが

 

全ての栄養を満遍なく毎日摂取するのは、どうしても無理が出てきます。

 

そこで、子供用栄養サプリメントで補うのは、とても良い方法だと思います。

 

せのびーるは、骨の成長と健康のための栄養素を過不足なく摂ることが出来ます。

 

非常にバランスがとれた栄養食品なのです。

 

この機会に、まず500円モニターに参加されてみてはいかがでしょう?

 

せのびーる 購入はコチラ