せのびーる とビタミンの関係

せのびーる 購入はコチラ

子供の成長にビタミンは必要? 成長とビタミンの関係

子供の成長、特に背が伸びることに関係があると言われているのはカルシウムですが

 

カルシウムだけでは吸収率があまりよくありません。

 

カルシウムが効果的に体内に吸収されるようにしてくれるのが、ビタミン、特にビタミンDの働きです。

 

野菜嫌いのお子さんや偏食のお子さんが増えている中で

 

ビタミンもバランスよく毎日摂ってもらうのは、とても大変ですよね。

 

しかも、普段の食生活の中だけでは、ビタミンDはたくさん摂るのは難しいと言われています。

 

 

ビタミンの種類と働きは?

 

 

ビタミンは全部で13種類もあります。

 

その中でも、お子さんの成長に大切なのは。。。

 

セノビールとビタミン

 

ビタミンA

 

人参、カボチャ、ホウレンソウなどに含まれていて、目の健康や粘膜や皮膚の免疫を維持します。

 

ビタミンAの欠乏は、子供の歯や骨の成長障害を引き起こす場合もあります。

 

 

ビタミンB(B1 B2 B5 B6)

 

 

乳製品や肉にもありますが、野菜では小豆、インゲン豆などの豆類に多く含まれています。

 

筋肉や骨を作る助けとなるもので、様々なサポートをしてくれます。

 

欠乏した場合は、反射神経の異常や口内炎、皮膚炎、貧血などの症状が起こることがあります。

 

 

ビタミンC

 

 

リンゴ、ミカン、キャベツ、ピーマンなど良く知っている野菜や果物ですね。

 

コラーゲンの合成をサポートして、抗酸化作用があります。風邪や病気の予防にも効果大です。

 

欠乏した場合は、皮膚下や歯ぐきからの出血、骨の成長不全が見られることもあります。

 

 

ビタミンE

 

アーモンド、アスパラガス、アボガド、パプリカ、カボチャなどに含まれ

 

血行を促進し、呼吸器を守ります。抗酸化作用があります。

 

欠乏すると、運動機能の低下や冷え性などになります。

 

ビタミンD

 

セノビールとビタミン

 

天日干しした食品、干しシイタケや干しきくらげなどに含まれていますが、

 

これを毎日というのは、かなり難しいかもですね。

 

カルシウムの吸収をサポートして、血液中のカルシウム濃度を一定に保ってくれます。

 

骨と歯の形成には欠かせません。

 

その他

 

ナイアシン、パンとテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンKなど体にとって欠かせないのが

 

ビタミンです。

 

 

この中で、ビタミンB、ナイアシン、葉酸、ビオチン、ビタミンCは水溶性

 

一定量を摂取すると、体外に排出されてしまうので、

 

毎日必要なビタミンを摂取することが大切になります。

 

またビタミンCとEは一緒に摂ることで促進されます。

 

たくさんは摂取出来ない、けれど一番骨と歯の成長にかかわるビタミンDの為にも

 

総合的に配合されている子供用サプリメントを使うのも、良い一手だと思います。

 

子供用サプリメントを上手に使いましょう

 

せのびーるには、ビタミンDを含む7種類のビタミンが配合されていて

 

カルシウムや鉄分などの4種類のミネラルとアミノ酸

 

更に、米ぬか多糖体(RBS)によって補強されています。

 

一日2粒の中に、必要不可欠な栄養素が全て含まれているのです。

せのびーる 購入はコチラ