せのびーるで食事管理だけでは足りない栄養を

せのびーる 購入はコチラ

せのびーる 食事管理だけでは、足りない栄養を

 

セノビールと成長期

 

成長期の子供は、大人よりもたくさんの栄養素を必要としています。

 

つまり、この時期に十分な栄養素を摂取することが出来なければ、思うように背は伸びてくれません。

 

勿論、特にお母さんたちは、心を砕いて、バランスの良いお食事を用意して、食べさせたいと思っているでしょう。

 

でも、最近は偏食のお子さんも多く、野菜はほとんど食べなくて、苦労しているなんてお話もよく聞きます。

 

どんなに頑張って食事管理をしても、まだまだ栄養は足りていないってご存知ですか?

 

IGF-1の値が高くなければ、身長は伸びない

 

IGF-1は成長因子と呼ばれるもので

 

値が高いと成長は伸びやすくなると言われています。

 

値を高くするためには、成長ホルモンと栄養状態を良好に保っていなければならないのです。

 

成長ホルモンをより多く分泌させるためには、タンパク質とカロリーをしっかりとって

 

IGF-1の血中濃度をあげることで、骨の成長が促進されます。

 

成長には、5大栄養素が重要です

 

5大栄養素は、炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンです。

 

炭水化物は体と脳に必要です

 

痩せるために炭水化物は摂らないというお話もたまに聞きますが

 

体を動かす為に使われるエネルギーであり、脳が摂取できる唯一の栄養素なので

 

足りないと、勉強にも差しさわりが出たりします。

 

(食事例)ご飯・パン・麺類等

 

脂質は摂り過ぎに注意して

 

体を動かすエネルギーの元になりますが、少量で十分なので、ほんの少しで大丈夫です。

 

(食事例)油・バター・ファーストフード・スナック菓子等

 

タンパク質は全ての材料です

 

人間の体の全部ーーー筋肉、骨、髪の毛、脳、内臓、血液の元になります。

 

大人よりも成長期の子供の方がたくさん摂らなければ、いけません。

 

12歳から14歳の子供の場合は、男子が85グラム、女子が70グラムくらいが目安とされています。

 

(食事例)肉・豆腐・納豆・卵等

 

ミネラルは体内で作ることができません

 

16種類のミネラルの中でも、カルシウムと鉄は骨の形成に不可欠です。

 

マグネシウムと亜鉛も、成長には欠かせないミネラルです。

 

(食事例)海藻・小魚・レバー等

 

 

ビタミンの中でもDは、大切です

 

ビタミン類は、体内に貯めておくことが出来ないので

 

毎日しっかり摂る必要があります。

 

(食事例)野菜・果物

 

とはいえ、ビタミンDはキノコやマグロやカツオなどに含まれていますが

 

毎日はなかなか難しいかもしれませんね。

 

セノビールと成長期

 

5大栄養素に加えて、食物繊維も重要です。

 

身長を伸ばすというと、カルシウムにどうしても注目してしまいますが

 

厚生労働省の調査によると、カルシウムは体に吸収されにくく

 

子供だけでなく、各世代を通じて不足しているという結果が出ています。

 

カルシウムもそうですが、これだけの栄養素を毎日バランスよく摂るためには

 

食事だけではどうしても足りなくなります。

 

そんな時に、子供用のサプリなどで、補強していけば、理想の食事管理により近づけるのではないでしょうか?

せのびーる 購入はコチラ