せのびーる 成長

せのびーる 購入はコチラ

子供の身長が伸びない理由

 

親として子供の成長が他の同級生の子たちよりも遅い、背が低いと悩んでいる方はいませんか?

 

身長 サプリ

 

話を聞いていると自分が背が低いのが遺伝したのではないか?
自分が与えている食事の栄養バランスが悪いのではないか?

 

と自責の念まで持ってしまっている方が多くいますが、実はみなさんは子供の身長が伸びる仕組みをあまりご存知ないだけなのです。子供の身長が伸びない本当の理由が分かれば、『解決策』が見えてきます。

 

子供の成長期に身長が伸びないという事は???

 

身長が伸びる、伸びないの違いってそもそもどういう事かご存知でしょうか?
それは子供の成長期の骨格形成をする骨の成長が早いか遅いかの差で背が伸びないお子様は骨の発育スピードが遅くうまく機能していないという事です。成長期や幼少期のお子様の骨には、成人には存在しない骨端線と言われる軟骨部分が存在します。

 

大人の骨は縦に成長しない分硬く丈夫な骨を形成しますが、成長期のお子様の骨は大人と比べて柔らかく伸縮性があります。
この骨の柔らかい時期に、骨を丈夫に健康に育てる事で身長が伸び恵まれた骨格へと成長します。
大人の身長が劇的に伸びたりしないのは、骨が硬くなってしまっているからです。

 

親御様が、わが子に適切なサポートを

 

そこで発育に少し不安があったり悩みがある親御様にはぜひ子供達の身長を伸ばせる時期に適切なサポートをして欲しいです。
それではどのようにサポートをすれば身長が伸びるのかを挙げていきます

 

子供の骨の発育を促進させる条件

 

骨 成長

 

バランスの取れた食事

 

骨が成長する為に必要な栄養素『カルシウム』『鉄』そして『ビタミンD』です。 
骨と言えばまっさきにカルシウムは頭に浮かぶかと思いますが、カルシウムが豊富な食物を摂取するだけでは 子供の骨には吸収させる事はできません。ビタミンDと言われるビタミンとカルシウムが結びつくと初めて 人間の体で吸収できる状態になります。
しかもこのビタミンDは天然の食物には含まれておらず 太陽光を体で浴びる事で体内で生成される成分なのです。
しかし、子供の成長が個人差があるように、ビタミンDをうまく体内で作れるお子様もいれば 太陽の光を浴びても上手にビタミンDを作れない体質のお子様もいます。 そこでビタミンDやカルシウムを手軽に摂取できるサプリメントが有効なのです。
そもそもサプリメントを日本語で書くと【栄養補助食品】です。
ビタミンDやカルシウムの吸収が苦手なお子様は、サプリメントが必要なのです。

身長 栄養

成長期における運動

 

運動する事で、骨や骨格に適度な刺激を与えることができ 成長期のお子様の骨はより大きく丈夫に育ちます。
しかし運動だけをしていても骨が成長するとは限りません。 逆に運動をさせすぎて身長が伸びない・・・
なんてお子様もいるのです。その対策に最も効果があるされているのが、『アルギニン』というアミノ酸を摂取する事が有効です。 
アルギニンをは成長ホルモンの分泌を助け子供の成長をサポートします。

十分な睡眠

昔から寝る子は育つと言われていましたが、それは単なる迷信ではありません。

 

実際成長ホルモンといわれる骨や筋肉の成長を促進させるホルモンが分泌される時間が睡眠時間なのです。
成長期のお子様が最近では夜中の2時や3時まで起きているなんて新聞記事やテレビの話題などで見聞きしたこともあるかと思いますが、 子供の成長に最も悪条件になっています。

 

身長 睡眠

子供の偏食による成長への悪影響

 

成長期に必要な栄養を補う

 

子供の成長には十分な栄養の摂取が必要となります。しかし親の心子知らずと言って、健康に良い物を子供に食べさせたい気持ちで出した食事を好き嫌いで口にしないお子様は多いです。そういう偏食が子供の成長を妨げています。
バランスよく食べることができない子供に無理強いするよりも食事で補えない栄養素をサプリメントで補う事をオススメします。

 

 

身長は遺伝する?

 

親が身長が低いと子供も背が低い傾向は実際あります。しかしその遺伝の影響も約3割と言われています。
残りの7割は実は遺伝の影響で子供が背が低く育つのではなく、親の食生活が子供と共通し、骨が育たない食生活になっている傾向があります。
遺伝子の影響ではなく、食生活や夜更かしさせる生活習慣が子供の成長へ悪影響となっているケースがほとんどです。

 

成長ホルモンを促す成分とは?

 

子供の身長や筋肉を発達させるには栄養に加えて成長ホルモンが大事になります。成長ホルモンの分泌を良くする成分として今話題になっているのが、米ぬかから抽出されたRBS(米ぬか多糖体)という成分です特にRBSを摂取したお子様が睡眠時に分泌する成長ホルモンの量は、RBSを摂取しなかったお子様と比べて平均で2倍ほど成長ホルモンの分泌量が多いという統計が取れています。

 

 

せのびーるがオススメです。

 

せのびーる

 

せのびーるは子供の骨格を縦に伸ばす為に必要な栄養素の『カルシウム』『鉄分』『ビタミンD』に加えて通常の食事だけでは摂取できない成長ホルモンの分泌量を活発にさせるRBSも配合された究極のバランス食といえます。
偏食ぎみのお子様が食べても美味しく長続きができるように、味も子供から最も人気のココア味で非常に評判が良いです。
子供成長サプリにあった味の問題がクリアしているので、小学校にあがる前でも大丈夫ですし、小学生はもちろん、成長期真っ盛りの中学生・高校生にもオススメのサプリです。

子供の成長が他の同級生の子たちよりも遅い、背が低いとお悩みになっている親御様からのお便りをよくいただきます。

 

身長 サプリ

 

話を聞いていると自分が背が低いのが遺伝したのではないか?
自分が与えている食事の栄養バランスが悪いのではないか?

 

と自責の念まで持ってしまっているご両親の方が多くいますが、実はみなさんは子供の身長が伸びる仕組みをあまりご存知ないだけなのです。子供の身長が伸びない本当の理由が分かれば、『解決策』が見えてきます。

 

子供の成長期に身長が伸びないという事は???

 

身長が伸びる、伸びないの違いってそもそもどういう事かご存知でしょうか?
それは子供の成長期の骨格形成をする骨の成長が早いか遅いかの差で背が伸びないお子様は骨の発育スピードが遅くうまく機能していないという事です。成長期や幼少期のお子様の骨には、成人には存在しない骨端線と言われる軟骨部分が存在します。

 

大人の骨は縦に成長しない分硬く丈夫な骨を形成しますが、成長期のお子様の骨は大人と比べて柔らかく伸縮性があります。
この骨の柔らかい時期に、骨を丈夫に健康に育てる事で身長が伸び恵まれた骨格へと成長します。
大人の身長が劇的に伸びたりしないのは、骨が硬くなってしまっているからです。

 

親御様が、わが子に適切なサポートを

 

そこで発育に少し不安があったり悩みがある親御様にはぜひ子供達の身長を伸ばせる時期に適切なサポートをして欲しいです。
それではどのようにサポートをすれば身長が伸びるのかを挙げていきます

 

子供の骨の発育を促進させる条件

 

骨 成長

 

バランスの取れた食事

 

骨が成長する為に必要な栄養素『カルシウム』『鉄』そして『ビタミンD』です。 
骨と言えばまっさきにカルシウムは頭に浮かぶかと思いますが、カルシウムが豊富な食物を摂取するだけでは 子供の骨には吸収させる事はできません。ビタミンDと言われるビタミンとカルシウムが結びつくと初めて 人間の体で吸収できる状態になります。
しかもこのビタミンDは天然の食物には含まれておらず 太陽光を体で浴びる事で体内で生成される成分なのです。
しかし、子供の成長が個人差があるように、ビタミンDをうまく体内で作れるお子様もいれば 太陽の光を浴びても上手にビタミンDを作れない体質のお子様もいます。 そこでビタミンDやカルシウムを手軽に摂取できるサプリメントが有効なのです。
そもそもサプリメントを日本語で書くと【栄養補助食品】です。
ビタミンDやカルシウムの吸収が苦手なお子様は、サプリメントが必要なのです。

身長 栄養

成長期における運動

 

運動する事で、骨や骨格に適度な刺激を与えることができ 成長期のお子様の骨はより大きく丈夫に育ちます。
しかし運動だけをしていても骨が成長するとは限りません。 逆に運動をさせすぎて身長が伸びない・・・
なんてお子様もいるのです。その対策に最も効果があるされているのが、『アルギニン』というアミノ酸を摂取する事が有効です。 
アルギニンをは成長ホルモンの分泌を助け子供の成長をサポートします。

十分な睡眠

昔から寝る子は育つと言われていましたが、それは単なる迷信ではありません。
 

実際成長ホルモンといわれる骨や筋肉の成長を促進させるホルモンが分泌される時間が睡眠時間なのです。
成長期のお子様が最近では夜中の2時や3時まで起きているなんて新聞記事やテレビの話題などで見聞きしたこともあるかと思いますが、 子供の成長に最も悪条件になっています。

 

身長 睡眠

子供の偏食による成長への悪影響

 

成長期に必要な栄養を補う

 

子供の成長には十分な栄養の摂取が必要となります。しかし親の心子知らずと言って、健康に良い物を子供に食べさせたい気持ちで出した食事を好き嫌いで口にしないお子様は多いです。そういう偏食が子供の成長を妨げています。
バランスよく食べることができない子供に無理強いするよりも食事で補えない栄養素をサプリメントで補う事をオススメします。

 

 

身長は遺伝する?

 

親が身長が低いと子供も背が低い傾向は実際あります。しかしその遺伝の影響も約3割と言われています。
残りの7割は実は遺伝の影響で子供が背が低く育つのではなく、親の食生活が子供と共通し、骨が育たない食生活になっている傾向があります。
遺伝子の影響ではなく、食生活や夜更かしさせる生活習慣がお子様の成長へ悪影響となっているケースがほとんどです。

 

成長ホルモンを促す成分とは?

 

子供の身長や筋肉を発達させるには栄養に加えて成長ホルモンが大事になります。成長ホルモンの分泌を良くする成分として今話題になっているのが、米ぬかから抽出されたRBS(米ぬか多糖体)という成分です特にRBSを摂取したお子様が睡眠時に分泌する成長ホルモンの量は、RBSを摂取しなかったお子様と比べて平均で2倍ほど成長ホルモンの分泌量が多いという統計が取れています。

 

 

せのびーるがオススメです。

せのびーる

せのびーるは子供の骨格を縦に伸ばす為に必要な栄養素の『カルシウム』『鉄分』『ビタミンD』に加えて通常の食事だけでは摂取できない成長ホルモンの分泌量を活発にさせるRBSも配合された究極のバランス食といえます。
偏食ぎみのお子様が食べても美味しく長続きができるように、味も子供から最も人気のココア味で非常に評判が良いです。
子供成長サプリにあった味の問題がクリアしているので、小学校にあがる前のお子様も部活に頑張る中学生にもオススメしたい商品です。

せのびーる 購入はコチラ