せのびーる子供成長サプリ背が伸びる理由

せのびーる 購入はコチラ

せのびーる 子供成長サプリ背が伸びる理由

身長を伸ばしたいと気になった時では手遅れかも? 話題の せのびーる 子供成長サプリ背が伸びる理由を徹底的に解明調査!

 

成長期のピークを逃してしまうと、どんなに後から後悔しても身長は伸びなくなり、止まってしまいます。

 

成長と身長のために必須の栄養素カルシウムとアルギニンと骨の密接な関係とは?

 

多角的に調査し、子供の成長と健康、免疫力アップのヒミツを徹底的に解明していきます。

 

子供の身長を伸ばすには・・・3つの抑えておきたいチェックポイント

 

 

せのびーる 背が伸びる理由

 

『身長が伸びる・背が高くなる』には骨の成長が必要不可欠です。
骨の成長と発育には、幼少期から成長ホルモンを正しく分泌し、骨の成長細胞に正しく働きかけさせる環境をサポートする事が大切になります。
特に身長の高い低いに大きく関係してくる背骨と大腿骨の成長には、通常の食生活での栄養管理に加え、子供用の成長サプリの摂取が良いとされる理由をひも解いていきましょう。

 

1.骨の成長と睡眠の深い関わり
2.成長ホルモンと運動の関係
3.食育と子供用の成長サプリのプラス摂取が理想的な理由とは

 

以上、3つのポイントについて、検証します。

 

1.骨の成長と睡眠の深い関わり

 

骨を成長させる→身長が伸びる・背が高くなるの真実

 

身長にはカルシウム、背が伸びるにはカルシウムというのが、一般的に言われています。
しかしながら、いくらカルシウムをたくさん摂っても、無駄になってしまう可能性がある事をご存知ですか?

 

骨格標本を見ると、本当にたくさんの骨から骨格が形成されているのがわかると思いますが、人体はだいたい200個の骨から成っています。「だいたい」なのは、赤ちゃんの時の方が骨が多く、大人になると減っていくのと個人差があるためです。
赤ちゃんの骨は生まれて来る時に狭い参道を通りやすいように、細かく小さい骨に分かれていて、頭の骨も4分割されています。生まれてから徐々にくっついていきます。赤ちゃんがフニャフニャしてて柔らかくて可愛いのにはこんな理由も隠されていたんですね。

 

身長を伸ばす仕組みは、骨の成長にあり

 

骨はほぼたんぱく質で、これにコラーゲンやミネラル分としてカルシウム・リン・マグネシウムが付着しています。
骨は硬いというイメージがありますが、骨の中に血管やリンパ管が通っていて、そこから必要な栄養素や酸素を全身に運んでくれているので、子供の骨が成長していくのです。

 

子供の時だけある骨端線(こったんせん)が重要なキイワードになります。
名前の通り、骨端線は骨と骨との端にあり、そこに軟骨細胞が集まっていて、硬い骨を作っていくことで、骨が成長、つまり伸びていきます。骨が成長していけば、当然身長も伸びます。
骨を作っている最中は、大人よりもたくさんのカルシウムを必要としますが、カルシウムだけでは反対に栄養不足になってしまいます。その理由とは?

 

>>足りないカルシウムだけでなく、他の栄養もサポート→せのびーる公式へ<<

 

寝る子は育つのウソホント

 

「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、それには迷信ではなく科学的な裏付けがあります。
骨や筋肉の成長が一日の中で最も活発になる時間が、睡眠時なのです。
成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されています。この成長ホルモンが子供の成長に欠かせません。
睡眠時間が不規則であったり、睡眠時間が少ないと、発育に悪影響が出てくるので、小さい内は添い寝をしたりしてパターンを作ってあげるのも大切な親の仕事になるでしょう。
もう少し大きくなると、なかなか思い通りにはいかないことも増えるでしょうが、睡眠のゴールデンタイムと言われている午後10時から午前2時の間は、上質の睡眠をとるのが理想的です。

 

せのびーる と成長ホルモン

 

骨の成長と発育には、幼少期から成長ホルモンを正しく分泌し、骨の成長細胞に正しく働きかけさせなければなりません。
睡眠が浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)を交互に繰り返すことはよく知られていますが、レム睡眠の間は脳が働いているので、夢を見たりするのもこの時です。脳の記憶を固定したり、脳の成長を促したりします。
ノンレム睡眠に入ると、脳も体も休憩しています。この間も筋肉だけは働いていて、ホルモンの分泌やストレスの消去を行っています。
ノンレム睡眠からさらにもっと深い眠りを徐波(じょは)睡眠といいます。眠りに入ってから2時間後くらいに出現し、この時が一番成長ホルモンの分泌が多くなります。
ぐっすりとよく眠ることは、疲れをとるだけでなく、成長ホルモンの活躍の場を広げることになるので、寝る子は良く育つことになるんですね。

 

身長は遺伝か? 環境か?

 

親が小さいから子供は大きく育たないという傾向はみられますが、その原因は遺伝的要素よりも、親の食習慣や生活リズムが子供と同調して身長が伸びない環境下に子供が置かれている事の方が大きく育たない要因になってしまいます。
一緒に暮らしていれば、無意識のうちに偏食や食事の好き嫌いも子供と似てしまいますし、夜23時以降でも平気で子供を寝かしつける事なく、夜更かしをさせてしまっているなどが考えられます。

 

せのびーる と遺伝

 

身長における遺伝的な要因は30%ほどであるという研究結果があります。
ですから遺伝が成長に影響するから子供の身長も伸びないと思い込みをするのでは無く、正しい栄養と成長の知識をつけ、子供たちにベストな環境を提供するのも親の務めでは無いでしょうか。

 

遺伝による子供の身長を予測してくれる計算方法があります。

 

男子=(両親の身長の合計+13)/2+2

 

女子=(両親の身長の合計-13)/2+2

 

たとえば、父親が169cmで母親が155cmの男子の場合は、168.5cmが予測される身長になります。
ですが、この結果からもう伸びないんだ、と諦める必要はないのです。
もし、この計算が当たっていたとしても、遺伝の可能性はそこまでかも知れませんが、充分な栄養と睡眠と運動で生活環境を整えて、成長期を長く維持することが出来れば、伸びしろはもっと出てくるでしょう。まだ70パーセントも身長を伸ばせる可能性があるとポジティブに向き合っていきたいですね。

 

>>残り70パーセントで身長を伸ばすには→せのびーる公式へ<<

 

カルシウムを体内に取り入れるのが困難とされる理由

 

背を伸ばしたい、健康的に育てたいと願っている親だったら、まず初めにカルシウムが豊富な食生活を意識されるでしょうが、実はその牛乳や煮干しなどの食品で沢山口にしているカルシウムのほとんどは体内に摂取できずに無駄にしてしまっています。
現代の日本人は栄養の摂り過ぎで、子供の成人病が社会問題になるほど栄養過多になってしまっていますが、それでもカルシウムの摂取量は不足していると言われます。

 

なぜ、カルシウムを含む食品を口にしても、体内の栄養素としてあまり取り入れられないのかは、カルシウムを吸収させる為に必要な『ビタミンD』が食生活では得難いビタミンだからです。
ビタミンDは、太陽光を皮膚で浴び、体の中で生成して出来るビタミンなので、平成生まれの子供は、食生活では昭和生まれの子供たちよりも恵まれていても、実は不足しているのです。
通常の生活サイクルでは摂取できずらいビタミンDは効率良くサプリメントで摂取する事でカルシウムを無駄にすることなく、身長を伸ばす事が可能となります。

 

ビタミンDと一緒に摂らなければ、カルシウムの吸収が困難になるのですね。

 

結論:骨の成長は、身長を伸ばすために不可欠。食事・睡眠・運動など生活環境を整えることで、成長ホルモンをたくさん分泌させれことが重要。

 

>>一日に必要な足りない分のカルシウムとビタミンDも摂れるには→せのびーるで<<

 

2.成長ホルモンと運動の関係

 

せのびーる と成長ホルモン

 

次に、骨の成長と発育には、幼少期から成長ホルモンを正しく分泌し、骨の成長細胞に正しく働きかけさせる環境をサポートする事が大切な訳について、考えてみましょう。
成長ホルモンは睡眠時が最も分泌が多いと言われていますが、「適度な」運動をすることで成長ホルモンの分泌が促進されることがわかっています。
ここで「適度な」と限定されていることも、ぜひ心に止めておいてください。過度な運動は子供の成長を阻害してしまう危険も秘めているのです。

 

体を動かすと、お腹が空くのでたくさん食べるようになりますし、ストレスも解消されて、疲れてぐっすり眠るようになるので、成長ホルモンの分泌にも良いことばかりに思えます。
でも、ここで成長ホルモンの分泌には、十分な睡眠時間と運動だけで十分だと思ってしまうのは、NGです。
確かに、運動をすれば、成長ホルモンの分泌に働きかける刺激(信号)は運動しない子供よりもあります。ですが、運動した分だけエネルギーも使われ、栄養も減ってしまっています。
その分、子供はたくさんの栄養を必要とします。

 

子供に最適な運動とは

 

一般的に言われているのは「骨に対して、縦方向に刺激を与えることのできる運動」がベストとされています。
つまり、ジャンプが出来たり、背を伸ばせる上下運動と全身運動が最適です。
ジョッキング、バスケットボール、バレーボール、水泳、軽いストレッチなどがおススメです。

 

せのびーる と外遊び

 

小さい子供の場合は、公園などで思いっきり遊ぶだけでも、十分に「適度な運動」が出来ていると言えるでしょう。運動神経も自然とアップしていくので、外遊びをいっぱいさせてあげましょう。

 

子供に、NGな運動

 

反対に、子供にさせてはいけないNGな運動もあるので、要注意です。

 

身長を伸ばそうとした運動が、あまりに過激すぎると、骨端線(軟骨を作って骨を伸ばしてくれる場所)を傷つけてしまう場合があります。
子供の時は、筋肉をつけることを目的とした運動は、控えた方が良いとされています。
身長を伸ばすのに必要な栄養素が筋肉を鍛えるために使われてしまい、成長の方には回らないからです。
ボディビル的な運動だけでなく、マラソンもエネルギーの消費量が激し過ぎるので、ジョッキング程度に抑えておいた方が無難です。
体を酷使して、疲労を貯めてしまっては、いくらたっぷり寝ても、栄養は足りていないことになってしまいますよね。

 

運動嫌い子への対処方

 

運動が好きな子ばかりだと良いのですが、運動嫌いの子もいっぱいいますよね。
子供が運動嫌いになる一番の原因は、何と言っても縄跳びや鉄棒や跳び箱など人前で一人でクリアしないといけない運動で、上手く出来なかったというような記憶の積み重ねだと思います。頑張ってやってもダメだった、周りに笑われたというような嫌な体験が残り、楽しくなくなり、運動を嫌がるようになるのです。

 

ですが、「ウチの子は運動神経が無いから」とか「ウチは家族みんな運動が苦手だから遺伝かも」と早期に諦めてしまってよいのでしょうか?

 

運動神経の発達には段階があります。
3歳から、小学校低学年くらいまでは、ごく基本的な「走る・飛ぶ・つかむ」などが発達すると言われています。
その後、「柔軟性・投げる・素早さ・リズム・バランス」などの運動能力が発達していきます。

 

初期の「走る・飛ぶ・つかむ」から何を連想されますか?
ズバリ、公園などで遊んでいるイメージではありませんか?
幼少期は運動といっても、ただ友達と外を駆け回るだけで十分に運動神経を伸ばせる基礎ができます。
子供が軽い運動が出来る環境を用意してあげることが、大切です。

 

実を言うと、私は全く運動神経が無い母でしたが、子供には運動が普通に出来る子になってほしいと思っていました。
特別に秀でてというのは高望みかもと思いましたが、楽しく運動が出来る子に育ってほしいと思っていたので、幼稚園の頃は公園に誘われた時は、出来るだけ一緒に行って、遊ぶのを見守っていました。

 

子供が元気に走り回れる環境は最近は少なくなっていますが、外遊びの好きな子に育てることが、運動の環境を自然と整えることになるでしょう。
その中から、子供自身が好きな運動やスポーツを見つけていってくれたらうれしいですよね。

 

運動と成長ホルモンの深い関係

 

運動をいっぱいすると、運動中と運動後に成長ホルモンが多く分泌されることがわかっています。
ただし、子供の時はあくまで「適度な運動」を心がけてください。
激し過ぎる運動は疲労するだけでなく、筋肉に負荷がかかってしまい、成長ホルモンは分泌されても回復の方に使われてしまいます。
身長を伸ばすには、体全体を使う縦方向の運動が最適です。

 

適度な運動→お腹が空く→ご飯をいっぱい食べる→良質な睡眠

 

という流れが自然に構築されて、睡眠中にもたくさんの成長ホルモンが分泌されることになります。

 

>>成長ホルモンの分泌を促す栄養は、せのびーるで<<

 

3.食育と子供用の成長サプリのプラス摂取が理想的な理由とは

 

子供に整えてあげたい生活環境の中で、一番親が頭を悩ませるのは食事管理では無いでしょうか?
最近「食育」という言葉をよく耳にすると思いますが、文部科学省が「食育基本法」を施行したことから始まっています。
食育は食に関する知識を身に着けて、バランスの良い食生活が出来る力を育むことを目的としています。「食べる力」=「生きる力」を育む重要性について、政府も危機感を持ってるのですね。
食の知識や経験だけでなく、日本の食文化を次の世代の子供たちに伝えていくことも大事なことです。

 

食育で健全な食生活を

 

子供の成長のためには栄養バランスの良い食事は、欠かせません。

 

せのびーる と朝ごはん

 

(1)毎日朝ごはん

 

まず、朝ごはんをきちんと食べさせることも心がけましょう。眠っている間に低下した体温を上昇させてくれると共に、体を動かす準備してくれるパワーになります。また、あごを動かしてよく噛むことで、脳に刺激が伝わり、スッキリと目覚めることが出来ます。
毎日朝食を食べている子供の方が、学力や体力テストで良い結果を出す傾向にあることも調査でわかっているそうです。
規則正しい食事が毎日のリズムを作り、成長にも当然良い影響を及ぼします。

 

(2)毎日栄養バランス

 

実際に栄養バランスをとるには、一つの目安として主食・主菜・副菜を組み合わせることを意識すると良いでしょう。

 

主食:ご飯・麺類など穀物が主な材料の料理。炭水化物が多く、エネルギーの元になる。
主菜:魚・肉・卵・大豆などが主な材料の料理。たんぱく質や脂質が多い。
副菜:野菜・イモ類・海藻などが主な材料の料理。ビタミン・鉄・カルシウム・食物繊維が多い。

 

ご飯にメインとなるおかず、サラダなどの野菜をつけるという風に考えるとそれほど難しいことではありませんよね。
お店のランチやディナーで出てくる組み合わせをイメージすると分かり易いでしょう。
洋食よりも和食の方が、ご飯を中心に多彩な副食が添えられているので、和食のレパートリーを広げて料理に取り入れていくのも、食文化を子供に伝える事も出来るので、良いかも知れないですね。

 

(3)毎日笑顔

 

笑顔が食育に関係あるの?と思われるでしょうが、家族で食卓を囲んだ時は絶好のコミュニケーションの機会でもあります。
箸の正しい持ち方や食事のマナーや食べるモノへの感謝の気持ちを覚えたり、いただきますやごちそうさまの挨拶が自然に出るようになります。何気ない会話の中で、子供が外でどんな風に過ごしているかなどの情報も得られるでしょう。
楽しい食事が何より子供を育てます。
子供の頃お母さんが作ってくれて好きだった料理は、大人になっても懐かしく思い出せると思います。そこには子供だった自分とお母さんの笑顔があった筈です。

 

>>足りない一日の栄養を補ってくれるサプリはコチラ→せのびーるで<<

 

食育だけでは足りない

 

食育をどんなに頑張っても、子供が偏食で食べてくれなかったりすると煮詰まってしまうこともあると思います。また、一日の内で3食栄養バランスの良い食事がとれない時も当然あるでしょう。
外食をしたり、ファストフードを食べることもあります。
栄養が足りていないかもと思うことは、多いですよね。

 

また、日本人はカルシウムが大人も子供も根本的に足りていないという驚きの事実があります。

 

厚生労働省が策定した「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」から子供の部分を中心に抜粋して載せます。

 

カルシウム推奨量

 

  年齢        男性     女性

 

3~7歳       600(㎎)   550(㎎)
8~9歳       650      750
10~11歳    700      750
12~14歳    1,000     750
15~17歳     800      650
18歳以降     800      650
30歳以降     650      650

 

 

大人になってからは、耐容上限量(この値を超えると過剰摂取による健康障害のリスクが大きくなる)は2,500㎎までと一定しています。
子供の頃、特に、思春期に入り、成長期のピークを迎える頃が男女共に必要とされるカルシウム量が大人よりも多くなっていますね。この時期に身長が男性は最大25cm、女性は最大20cm近く伸びるので、骨を作るカルシウムもたくさん摂取する必要があるのです。
しかし、残念ながら、国民健康・栄養調査でも、日本人のカルシウムの平均摂取量が長年必要な量に全く達していないという結果が出続けています。
大人の場合は推奨量が男女共650㎎に対して、実際は440㎎程度しか摂れていません。200㎎以上足りていないことになります。
子供も当然足りていません。成長期には大人よりもカルシウムを多く必要とするにもかかわらずです。

 

日本人全体がカルシウム不足の3つの原因

 

(1)風土的な問題

 

日本はいたるところに温泉がありますよね。それはつまり日本が火山国だからです。
火山灰層がある土壌はミネラルが少ない酸性が強い土壌なってしまい、カルシウム含有量も少なくなります。その土壌から作られる水や作物も当然カルシウムが少なくなりますね。
また、雨が多いこともミネラル分がすぐに地下に流れ出てしまう要因になっています。
日本には美味しい軟水がいっぱいありますが、軟水よりも外国などの硬水の方がカルシウム含有量が多いのです。

 

(2)乳糖不耐症

 

カルシウムが足りていないなら牛乳を飲めば良いと安易に考えてしまいますが、ここにも日本人特有の問題があります。
牛乳を飲む文化が定着したのは第2次世界大戦の敗戦後アメリカからもたらされました。
初代駐日総領事だったタウンゼント・ハリスさんは病気になった時に栄養をつける為に牛乳を飲みたいと思ったのですが、日本に牛乳を飲む習慣が無かったため入手するのに大変苦労したというエピソードがあります。
彼が下田で領事館にしていたお寺には、なんと「牛乳の碑」まで建てられているそうです。
牛乳はその後マッカーサー元帥によって、学校給食が始まった時に、牛乳も組み込まれました。

 

せのびーる と牛乳

 

よく牛乳を飲み過ぎたらお腹がゴロゴロして、腹痛や下痢になったなんて経験はありませんか?
長い間乳製品を摂取する習慣が無かっため、日本人の8割は乳糖不耐症であるというデータもあるそうです。
乳糖不耐症とは、乳糖を分解する酵素ラクターゼが少ないために乳糖を分解できないことが原因でおこります。

 

赤ちゃんの頃は母乳を飲んでいるのに何故?と思われるかもしれませんね。
それは母乳は人の乳で、牛乳は牛の乳だからです。成分が全く違うのです。粉ミルクも調製粉乳と呼ばれていますが、限りなく人の母乳に近づけてあります。
牛乳を飲ませるのは、1歳を過ぎてからで少しずつ慣らしていくのも、赤ちゃんには消化吸収能力が育っていないからです。

 

(3)リン酸塩と糖分の過剰摂取

 

リン酸塩は食品添加物として非常に多く使用されています。ファストフード、コンビニのお弁当、冷凍食品だけでなく、子供の好きなお菓子やジュースにも使われています。
リンとカルシウムの比率は1:2から2:1の間が理想的とされているのは、リンは摂りすぎるとカルシウムと一緒に体外に排出され、カルシウムの摂取を阻害してしまいます。

 

糖分の過剰摂取も問題になります。糖分を多く摂取すると、血糖値の急上昇を抑えるためにインスリンが分泌されますが、インスリンの分泌に大量のカルシウムが必要となってしまうのです。

 

現代的な食生活がカルシウムの不足を招いてしまっている面も否めません。

 

偏食やストレスが多い、生活リズムが不規則な場合も、更に、絶対的にカルシウムが足りていないことに拍車をかけてしまうでしょう。

 

>>カルシウムとビタミンDを一緒に摂れるサプリはコチラ→<<

 

絶対的に足りないカルシウムを多く摂る方法

 

(1)いつもの食事にプラス

 

いつもの食事に、更にカルシウムを多く含む食品をプラスしてみましょう。

 

カルシウムを多く摂れる食品

 

牛乳と乳製品:牛乳・プロセスチーズなどチーズ類・ヨーグルトなど
小魚:ししゃも・しらす干し・桜エビ・わかさぎ・イワシの丸干しなど
大豆と大豆製品:大豆・豆腐・納豆・高野豆腐・油揚げなど
緑黄色野菜:小松菜・青梗菜・大根の葉・モロヘイヤなど
海藻類:昆布・ワカメ・ひじき・あおのりなど

 

カルシウムの吸収率をアップさせるためには、ビタミンDやビタミンKも一緒の方が良いとされているので、それらを含む食品もプラスしたいですね。

 

ビタミンDを多く摂れる食品

 

あんこうのキモ・しらす干し・身欠きにしん・いくら・すじこ・さけ・サンマなど

 

ビタミンKを多く摂れる食品

 

ひきわり納豆・パセリ・茹でた春菊やほうれん草・シソなど

 

これらを3食の中で1品か2品足していけば良いわけですが、食べる量が増えてしまったり、牛乳などをあまり強制的に勧めてしまって返って嫌がられる結果になってしまっては意味がありません。
偏食の子や食の細い子や肥満気味の子も増えているので、思い通りに全部食べてくれるとも限りませんよね。
また、カルシウムを摂りすぎてしまう危険性もあります。

 

(2)いつもの食事に、足りない栄養を補う子供用サプリをプラス

 

食事だけでカルシウム不足を補うのは、コツコツ続けなければいけないと考えると親はとても苦労することにならないでしょうか? しかも、料理の中でどの栄養が足りていないかなどを毎回考えなければいけないとなると、気が遠くなりますよね。
そこで、子供用成長サプリメントの出番になります。
「子供用サプリメントを使ったりして、子育てが手抜きにならない?」と真面目なママはちょっとためらうかもしれませんね。
でも、上手に手を抜くことも、子育てには必要なことと考えてみてはどうでしょう?
子育ては子供が大人になるまでずっと続く長い道のりです。弓の弦のように引き締めてばかりでは、ここぞという時に矢を放つことが出来ません。
足りない栄養は、子供用サプリにサポートしてもらって、ママにも余裕が出来ることが子育てには必要だと思います。

 

>>子供とママをしっかりサポートするサプリは、コチラ→せのびーる公式へ<<

 

 

子供用成長サプリメントって、使って大丈夫?

 

子供用サプリというと、なんだか薬を子供にいっぱい使うのと同じようなイメージがありませんか? そうなると、子供に使って大丈夫かな?って、つい心配になったりすることもあるでしょう。
日本製のサプリメントに限定するとですが、子供用サプリはほとんどのサプリが安全性については問題は無いと言えるでしょう。子供用サプリメントは健康をサポートする栄養補助食品です。栄養以外に強い効果や副作用の出るものは含まれていません。
反対に、海外サプリは子供用であっても、予防医療の一環として作られていて、含有量も日本とはけた違いに多いサプリなので、過剰摂取になってしまうリスクはかなり高いです。

 

>>海外サプリについての関連記事はコチラ→<<

 

「子供用サプリメントは必要かどうか、安全なのか」という質問を医療の専門家である医師や看護師や栄養士に相談すると、大抵四角四面の堅苦しい回答が返ってきます。
「バランスのとれた食生活をしていれば、大丈夫」と。
ところが、問題なのはどんなに食生活を良くしようと頑張っても、根本的に足りない栄養素が出てしまうということなのです。
その点を主張してみると「どうしても使いたい場合は、子供用のサプリを使用してください。成分表などに注意して」と相談の答えになっていないような答えしかもらえないケースが多くあります。
サプリメントが医薬品の枠に入っていないので、強くは勧めないというのが実情のような気もしますね。

 

勿論、アレルギーがあったり、健康上に不安がある場合は、当然医師としっかり相談してください。

 

その他の注意点として挙げるなら、薬や予防接種のような激しい副作用は、子供用サプリにはありませんが、初めて使った後は、やはり注意して子供の様子をしっかり観察しておくのは大事だと思います。
子供用サプリで健康と成長にプラスαの効果を期待できるとしたら、積極的に使っていきたいですね。
その際、サプリを何種類も同時に使用すると同じ栄養素が被ってしまい過剰摂取になってしまいます。子供用サプリは1種類に限定することも心がけましょう。

 

>> せのびーる が、1種類で大丈夫な訳は→公式へ<<

 

子供用サプリの選び方集中講座ホップ!ステップ!ジャンプ!

 

子供用サプリは1種類だけを使うのが良いことはわかりましたね。
次は、その1種類を何にするか、という選択、最も効くサプリを選ぶ段階に入ります。
サプリは薬では無い分、即効性は無いと考えてください。
飲んだらすぐに、効果がメキメキと現れたり、身長があっという間に数十センチ伸びたりはしません。
少なくても、3カ月から半年は我慢して、様子をみましょう。
での、成長期の大事な時期に数カ月も待てないという方もいるでしょう。
間違いのない子供用サプリメントの選び方とは、何かを集中的に見ていきましょう。

 

セノビールと海外サプリ

 

(1)集中講座ホップ! 背を伸ばすアミノ酸・アルギニンとは?

 

カルシウム以外に、身長を伸ばす栄養素として注目されているのが、アルギニンです。
たんぱく質が体の中に取りれ消化されると、アミノ酸へと分解されます。人に必要なアミノ酸は20種類以上あり、身長を伸ばしたり骨を丈夫にさせる効果があるアミノ酸がアルギニンです。
大人になるとアルギニンは体内で作ることが出来るようになるので、非必須アミノ酸に分類されますが、子供は少ししか作ることが出来ません。それ故、子供にとっては準必須アミノ酸であると言われれています。
その訳は、アルギニンが成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉や骨を作り、脂肪を分解してくれるからです。
また、一酸化炭素(NO)を生成して、血管が柔軟になり、血流が良くなることで、怪我の治りをよくしたり、勉強時の集中力を高め、落ち着きをもたらしたり、良質の睡眠をもらたしたりと子供の成長にはとても大切なアミノ酸です。

 

ただし、注意が必要なのは、大人のアルギニンサプリは筋トレやアンチエイジングの効果を期待して、大量摂取を勧めているサプリもありますが、強アルカリ性で胃への負担が実は大きいのです。また、3カ月以上継続すると、アルギニンを分解するあるキナーゼという物質が増え始め、思ったような効果が得られなくなるそうです。
子供の場合も、大量に摂取すれば良いという考え方よりも、アルギニンの吸収率を高めるビタミンB群と一緒に摂るなど安全に使ってあげたいですね。

 

>>アルギニンとビタミンB群が一緒に摂れるサプリ せのびーる 公式はコチラ→<<

 

(2)集中講座ステップ! 栄養はバランスで!

 

5大栄養素とは、生命活動を営むために必要な栄養素であり、タンパク質・脂質・炭水化物(糖質と食物繊維)・ミネラル・ビタミンをいいます。

 

 

栄養素種類

働き

詳細

タンパク質 体を作る アミノ酸を食事から摂り、カラダ作り(骨・歯・筋肉・皮膚・髪・脳・内臓・血液など)の材料になる
脂質・炭水化物 エネルギーとして使われる 運動と脳のエネルギーは糖質、食物繊維が善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整える
ミネラル・ビタミン 体の調子を整え、機能を維持する タンパク質・脂質・糖質の分解や合成を助け、体調管理し、健康を維持する

 

5大栄養素を取り過ぎたらどうなるか、不足だったらどうなるかを詳しく見ていきましょう。

 

 

栄養素種類

摂り過ぎ

不足

タンパク質  太り過ぎに  元気が出ずボーっとする 成長期には体や脳が十分に発達できない
脂質  体に蓄えられ太り過ぎに エネルギーが無くなり、体温保持にも支障
炭水化物 脂質に変化して、太り過ぎに 脳に栄養が行かなくなり集中力低下
ミネラル    
  カルシウム 牛乳や乳製品からだけだと脂質もとりすぎになる 子供は骨の成長が止まる
  鉄 心配なし 疲れやすくなり、めまいや貧血が起こる
  アルギニン 腹痛や下痢 成長ホルモンが分泌されない 免疫力低下
ビタミン    
  ビタミンA 野菜以外のとり過ぎは注意が必要 風邪をひきやすい 肌や目も不調に
  ビタミンB1 心配なし(水溶性) エネルギーが作られにくく、頭も体も疲れやすくなる
  ビタミンB2 心配なし(水溶性) 口内炎・肌荒れ・吹き出物
  ビタミンD 心配なし 歯が弱くなる 骨が弱くなる
  ビタミンC 心配なし(水溶性) 免疫力低下 肌や体調も悪化

 

注*水溶性ビタミンは、とり過ぎても体外に排出されるので心配はないが、摂った分が無駄になってしまう。

 

これら5大栄養素はカラダに必要であると同時に、不足しても、多すぎてもダメで、バランス良く摂取することが子供の成長にとっても大事です。
またそれぞれがバラバラで作用しているのではなく、カルシウムの摂取をビタミンDが助けるという風にいろいろな形で、栄養素同士が補い合い、助け合いながら相乗効果で働きかけています。
ここでのキィワードは『バランス』です。

 

普段の食事だけで子供の成長に必要な栄養素の全てを補うのは大変困難です。
そこで普段の食事に合わせて子供用成長サプリで不足がちな栄養素をしっかり摂取するだけでなく、その多くの栄養素を効率よく吸収させる効果で、最も理想的な食環境をサポートしてくれるでしょう。

 

>>16種類のたっぷりバランスの良い栄養をサポート→せのびーる公式へ<<

 

(3)集中講座ジャンプ! 『続けやすさ』が大事

 

いくら栄養素が優れたサプリメントであっても、コストパフォーマンスが良いかどうかは気になる点だと思います。ですが、単に価格が安いだけでは、子供用サプリを購入する決定打にはなりません。
子供用サプリは、成長期のピークを念頭に置いて、その前後も含めて、長く継続的に続けることで効果が得られます。
短期間試しただけで画期的に背が伸びたというようなことは稀だと思います。稀というのは、無いわけでは無いだろうとも思うからです。ちょうどその時期にそれぞれの子供の成長のスピードと合致して、画期的な伸びることももちろんあるでしょう。
全体としては長い目でじっくりと待つ覚悟がいると思っています。

 

長く続けるためには、子供がそのサプリを気に入るかどうかが重要なポイントになります。

 


食べやすさや飲みやすさ
手軽さ

 

そして、最後に価格との釣り合い(コストパフォーマンス)を加味することになります。

 

>>子供用サプリの味・食べやすさを比較した関連記事はコチラ→<<

 

ただし、ここで気を付けなければならないのは、子供が気に入るように味を過度に甘くしたり、見た目を良くするために人工甘味料や不必要な素材などがたくさん入っているサプリもあるということです。
確かに食べやすかったり、飲みやすく子供も気に入るかもしれませんが、それを長く続けると考えたらどうでしょうか?

 

安心・安全

 

続けやすさと同時に、安心・安全な成分なのかも大事なポイントですね。

 

>>ココア味でおいしく、安心・安全な子供用サプリ せのびーる とは→公式サイトへ<<

 

口コミで『せのびーる』が大人気になった理由(5つのサプリのランキング比較)

 

ネットでの口コミの評判はやはり気になりますよね。探すと多種多様なサプリがあって、どれが良いのか迷い、目移りしてしまいますが、中でも評判の良かったサプリの中から厳選して5つのサプリを口コミの評判も含めてランキング評価してみました。(値段は同じひと月分で換算しています)

 

 

第5位 Dr.Senobiru


 

 

分類 粉末 水に溶かす
グレープフルーツ味
成分 アルギニンが一袋に5,000mg含有。オルチニン、シトルリンも配合。
特徴 アルギニンサプリとして特化されている。一日2~4袋目安。
値段 1,9600円(1箱60袋 一日2回)
販売 エメラルドオーシャントレーデイング株式会社 国内生産
口コミ

〇天然由来の成分がメインで、安心して使える。アルギニンの量は驚くほど多かった。
〇アルギニンで身長が伸びるというので飲ませているけど、4カ月使用で効果はまだ出ていない。
〇デザインが地味で子供受けしない。
〇とにかく高いと思う。
〇味はサッパリしてるけど、値段はサッパリしない。

 

 

 

第4位 カラダアルファ(α)


 

 

分類 タブレット
薬のように水で飲むタイプなので、味はほとんどない?
成分 一汁三菜ベース。スピルリナ、コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末など。
特徴 一袋60グラム(一日10粒×30)水だけで飲める。
値段 一袋6,000円。+送料
販売 株式会社RSLパフォーマンス 日本製
口コミ

〇セノビックより値段が高くて驚いた。
〇高品質で、手軽なのが良い。
〇野菜が嫌いなので、ビタミンやミネラルが摂れるのは良いと思ったが、成分が本当に効くのかよくわからなかった。
〇水だけで飲めるので、牛乳が嫌いなウチの子にはいいかもと思ったけど、サプリというよ薬を飲んでるみたいな感じが子供はちょっと嫌になってきたようです。
〇スピルリナは藻の一種で凄い栄養たっぷりらしいけど、50種類の栄養素が入ってるって本当なの?

 

 

 

第3位 セノビック


 

 

分類 顆粒・牛乳で飲む
5つの味で、ヴァリエーション
成分 カルシウム・鉄・ビタミン 各味によって、卵黄ペプチド・オリゴミル・乳清プロテインと違う栄養がプラスされ差別
特徴 一日牛乳2杯分に含まれるカルシウムと一緒に栄養を摂る
値段 2,160円(2袋1月分定期の場合、送料無料)
販売 ロート製薬 日本製
口コミ

〇味はいろいろ選べておいしい。息子はコーンポタージュ味が好き。
〇牛乳がちょっと苦手な娘がバナナ味は気にならないようで飲んでくれています。
〇最初は楽しく飲んでいましたが、一日2回毎回牛乳に溶かすのとコップを洗わなければならないのが意外に面倒になってしまい、母親の方が長続きしなくて、子供に申し訳なかったです。
〇子供用のサプリの中では安い方だし、気に入ってます。
〇小2の娘はもともとは牛乳が嫌いでは無かったのですが、給食と朝晩で3杯牛乳を飲まなければいけないので、牛乳自体がイヤだと言い出してしまい、困っています。

 

 

 

第2位 カルシウムグミ


 

 

分類 糖衣錠、中にグミ
ヨーグルト・グレープフルーツ・イチゴ味の3種類
成分 ヨーグルト味はカルシウム+ビタミンD グレープフルーツ味はカルシウム+ビタミンB6 イチゴ味はカルシウム+ビタミンD+ビタミンA
特徴 食べられるサプリ 一日6粒が目安
値段 1箱2,954円+送料756円 定期コース(2箱分1回)とファミリーセットコースがある
販売 有限会社ルーティ 国内生産
口コミ

〇糖衣の中にグミが入ってるので、子供たちも大喜びで食べています。うっかりすると、食べ過ぎていたりするのが困った点です。
〇好きな味を選べるのがいい。
〇2箱からの定期の方が安くなるので定期にしましたが、一人っ子なので送られてくる周期を選べるのはよかった。
〇カルシウムをおいしく食べられて、身長も伸びたらいいと思う。(まだ伸びてません)
〇値段は結構高いですね。2箱注文だと1回が8000円近いので、ちょっと負担になってきました。
〇美味しいのはいいけど、合成保存料や人工甘味料の多さがちょっと気になった。 

 

 

 

第1位 せのびーる


 

 

分類 タブレット
ココア味
成分 カルシウム+ビタミンDをメインにアルギニンなど16種類 RBS(米ぬか多糖体)はオリジナル成分
特徴 食べられるサプリ 1日2粒が目安
値段 1袋4,140円(送料無料)定期コース初回半額得点あり、2回目以降2,872円(送料無料)
販売 スリーエーライフ株式会社 国内自社生産
口コミ

〇一日たった2粒でいいのは、とても楽でした。味もおいしかった。
〇ポリポリ食べられるのがいいのか、飽きっぽいうちの子が飽きずに続けてます。
〇とりあえず4か月は続けようと思っていましたが、気が付いたら半年が過ぎていました。なんだか身長がちょっと伸びて、体つきもたくましくなってきたような気がしてます。
〇せのびーる効果なのかはわかりませんが、わがままだった上の子が、下の子に優しく接するようになって、お姉ちゃんらしく育ってきました。
〇偏食で困っていたのですが、少しずつでも改善できるように余裕をもって食育出来るのが助かりました。

 

 

総合評価

 

5つのサプリはすべて日本製なので、日本の子供に合ったサプリだと言えるでしょう。

 

Dr.Senobiruは単価が群を抜いて高いので、ちょっとひきますが、アルギニンの含有量は大変多く、クエン酸やシトルリンも配合されていて、副作用は抑えられているようです。

 

カラダアルファ(α)は偏食の子供、特に野菜嫌いの子供向けのサプリかなと思いました。身長が伸びるなどの効果については未知数ですね。

 

セノビックとカルシウムグミも味は問題なくおいしく、ヴァリエーションもあって、子供が喜ぶと思います。子供の好きな味を優先してる感じがして、栄養的にはそれほど期待せず続けてみるのも良いでしょう。

 

せのびーるはココア味のタブレットで同じくお菓子感覚で食べれるのですが、ちょっとシンプルな印象もありました。甘みも控え目ですが、その分飽きの来ない味で、毎日2粒だけという楽さもあって、意外と子供たちが続けてくれるのが強みかもしれません。
セノビックは牛乳と一緒に飲まなければいけないので、毎日続けるには親の方が手間に感じてしまうケースも多いようです。
カルシウムグミは、やはり長く続けるには気になってしまうのが、子供のし好を最優先した分、合成保存料や人工甘味料が使われてることですね。

 

値段的には、Dr.Senobiruとカラダアルファ(α)は高めで、セノビック、カルシウムグミ、せのびーるはどれも定期などの条件で比べてみると、実はそれほど差はないかもしれません。せのびーるには初回無料の500円モニター(送料も無料)もあるので、利用してみるのもよいと思います。
値段だけでなく、栄養面や飽きずに続けられること、期待できる効果なども含めたコストパフォーマンスを考えると、なんと言っても、せのびーるがおススメかもしれませんね。

 

>>コストパフォーマンスもよいセノビールの詳しい情報はコチラ→<<

 

身長だけではない免疫力向上アップにも効果的な訳

 

せのびーる というと、子供成長サプリなので、カルシウムや身長面が特に注目されますが、子供の体を様々なウィルスや悪い菌から守ってくれる頼りになるサプリでもあります。

 

(1)RBS(米ぬか多糖体)のヒミツに迫る

 

せのびーるの16種類もの栄養素の中で、気になるのがRBS(米ぬか多糖体)という聞きなれない言葉でした。
漠然と米ぬかに関係した成分なんだろうなとは、想像がつきましたが、果たしてその実態は?

 

米ぬかというと、昔ながらのぬか漬けがまず思い浮かびます。ぬか漬けは最近若い女性の間でもちょっとしたブームにもなっていますね。その理由のひとつにぬかをかき混ぜていると、手がすべすべになると言われていて、栄養だけでなく、美容にも良いことがわかってきたからです。

 

免疫力アップのヒミツ

 

それもその筈で、ぬか漬けのぬか床になっている米ぬかには、脂肪・タンパク質・ミネラル・食物繊維・ビタミンB1までが豊富に含まれているのです。天然由来の栄養の宝庫と呼びたくなるほどです。
ところが米ぬかは精米した時に以前はいらないものとして捨てられていたというのですから、勿体ない話ですね。

 

米ぬかには、コレステロールの吸収を抑え、免疫力を高めてくれる水溶性食物繊維(ヘミセルロースB)が含まれていました。
ですが、水溶性なのですぐに溶けてしまい吸収率があまりよくないという弱点があったのです。
20年以上前から研究され開発されたRBS(米ぬか多糖体)はこの弱点の克服に成功しました。

 

RBS(米ぬか多糖体)とは、ヘミセルロースBが吸収されやすいように、キノコの菌糸体の酵素と一緒に細かく低分子化し、吸収率を飛躍的に高めることが出来たせのびーるのオリジナル成分で、世界9カ国で特許をとっているそうです。
当然、他の子供用サプリメントには、入っていません。

 

このRBS(米ぬか多糖体)には、免疫を活性化させる作用・成長ホルモンの分泌を正常化させる作用があります。

 

>>オリジナル成分RBS(米ぬか多糖体)について、詳しくは公式へ→<<

 

(2)悪い菌だけではない菌のヒミツに迫る

 

菌というと悪玉菌が浮かび、菌は悪いというイメージが強いと思います。
しかし、私たちが健康に良いと食べている乳酸菌も菌です。また皮膚の表面に無数にといって良いほど存在している常在菌が外部からの刺激から肌を守っていてくれることも忘れてはいけませんよね。

 

ただ除菌したり、菌を遠ざけることばかり頑張ってしまうと、免疫力も抵抗力も育たず、子供に健康でいてほしいという願いとは正反対の弱い子になってしまう可能性もあります。

 

免疫力を高めることで、良い腸内細菌を増やすことが出来れば、疲れや病気やウィルスからも、体を守ることが出来るようになるのです。白血球の中にある免疫細胞を鍛えて強くしてくれるのは、腸内細菌が免疫細胞のトレーニング相手になってくれて、それをパスしした強い免疫細胞が体を巡って防衛してくれています。

 

(3)免疫力を高める免疫細胞のヒミツに迫る

 

免疫力アップのヒミツ

 

血液の中にある白血球にあるたくさんの細胞は免疫細胞と呼ばれています。
外から侵入してくるウィルスだけでなく、実は体の中で毎日がん細胞も倒してくれているのです。健康な人の体でもがん細胞は一日数千個単位で生まれています。そのがん細胞と闘って毎日倒してくれているのが、免疫細胞の中でもキラーT細胞(NK細胞)と呼ばれています。
免疫力が低下してしまうと、NK細胞もパワーを発揮できなくなってしまうのです。

 

アトピーやぜんそくや花粉症も免疫細胞の低下が原因のひとつと考えられています。
免疫力を高めて、免疫細胞に強くなってもらうことが、健康への第1歩になりますね。

 

(4)腸内細菌を増やして免疫力アップのヒミツに迫る

 

免疫細胞に強くなってもらうには、まず腸内細菌を増やす必要がありますね。
腸の長さ(腸管)は伸ばすと10m近くあります。その腸の中に、100兆個とも言われる数百種類の細菌が棲みついています。腸内細菌は集まって、微生物の生態系(微生物群集)を作ります。これをギリシャ神話の花の女神から名前をとって腸内フローラと呼びます。

 

腸には第2の脳と呼ばれるくらいたくさんの神経細胞が集まっています。そこで脳よりも先に、入って来た食べ物が安全かどうかの判断を下します。
良い腸内細菌を増やしていくことが、免疫力アップには不可欠になりますね。

 

(5)免疫力アップのヒミツは闘う力だった

 

腸内細菌を増やす方法としては、もちろん栄養のある食品を摂取するのが一番です。
ビフィズス菌をはじめ乳酸菌飲料や食品、味噌などの麹菌をを含む発酵食品、食物繊維を多く含む野菜をたくさん食べることも大切ですね。
加工食品に多く使われているソルビン酸が細菌を増殖させにくいこともわかってきたので、食品添加物の多い食品はなるべく避けるなどもいいと思います。

 

もうひとつ、土壌菌をとるのも良いという説もあるそうです。土の中に存在している微生物が腸に入ると、腸内細菌が増えるそうですが、これは積極的にという話ではないと思います。
ただ、店頭で土のついていない綺麗に洗浄された野菜を買っていますが、土から掘り出したばかりのちょっと泥のついた野菜も見た目は悪くても健康の元にもなるということを覚えておきたいですね。

 

子供が外遊びで日光を浴びることでビタミンDが摂れるように、清潔な環境ばかり求めて、全ての菌を遠ざけたり、否定してしまうのではなく、免疫力を向上させるためには、免疫細胞のように闘う力を子供たちにもしっかり身に着けてもらいましょう。
それが病気の予防にも結び付き、健康に育っていくのだと思います。

 

栄養バランスの良い食事に、せのびーるにRBS(米ぬか多糖体)とたくさんの栄養素でサポートしてもらえたら、免疫力のアップも効果てき面かもしれません。

 

>>免疫力のアップもせのびーるで更にアップ→<<

 

口コミで評判の『せのびーる』の体験談

 

味も美味しく、価格も手頃で、しかも子供の成長に必要な栄養素や成長ホルモンの分泌を促す成分までオールラウンドでカバーしているのが、『せのびーる』です。
口コミではとても評判の良いせのびーるですが、実際の体験談も当然聞いてみたくなりますよね。

 

体験談というと、かしこまって聞かないといけないようなイメージもあったりしますが、ネットではなく一番最初に私に「コレ、いいわよ~♪」ってせのびーるを紹介してくれたママ友の話も書いてますので、良かったら読んでくださいね。

 

>>私の体験談関連記事「口コミの評判や信用性をママ友に聞いてみた」はコチラ→<<

 

私自身のことをお話すると、中学生と小学生の二人の子持ちです。中学生の方はそろそろ思春期に入るか入らないかのはざまにいる感じで、身長が少し伸び悩んでいることが気になっていました。
身長は無いよりあった方が職業やスポーツをする場合でも将来的に助かることもあると思いますし、思春期で異性のことも気になりだす年頃でしょうから、ちょっとでもモテてほしいなというのは、親もこっそり願ってたりします。
下の子の方は、誰に似たのか(私ですが^^;)牛乳嫌いで、野菜よりもお肉があまり好きではありません。なるべく偏食は直したいと思っていますが、なかなか捗らないこともあって、二人のために子供用成長サプリを使ってみようかなといろいろ調べてみたりしていました。

 

そんな折に知り合いのママ友からせのびーるの情報を聞いて、いいかもしれないと思い、始めてみました。
それがちょうど1年くらい前のことになります。

 

セノビールと子供

 

1年過ぎた今、子供たちの変化というか、せのびーるの成果をじんわりと実感してます。
上の子は思春期、つまり成長期のピークに入ってきたこともあって、身長がしっかり伸びてくれています。今も伸び続けているので、これからに期待大です。
下の子は、牛乳嫌いこそ改善されてはいませんが、牛歩とはいえ少しずつ好き嫌いが減って、食べられるものが増えてきました。寝起きも良くなっているように感じています。
私たち親が子供にしてあげられることがどのくらいあるのかはわかりませんが、できるだけのことはこれからもしてあげたいと思っています。
せのびーる は、そんな私に小さな勇気を与えてくれたように思います。

 

>>せのびーるの詳しい情報はコチラから→<<

 

身長を伸ばしたいと思った時には手遅れかも!?にならない為には

 

子供の成長は成長期のピークを逃さないように、その前から土台をしっかり作ってあげておく、準備万端で成長期のピークを迎えることが出来れば、理想的と言えるかもしれません。
すくすくと子供が育っていくことで、心配だった身長もちゃんと伸びていくでしょうし、伸び率のアップもぐんと期待できると思います。
子供成長サプリ せのびーるで身長が伸びる訳は、ただ足りない栄養を補うだけではありません。免疫力アップすることで、強い体と心も鍛えられていくでしょう。

 

免疫力アップの為に、笑顔も必要なことは医学的にも認められています。
ストレスを減らして、リラックス出来る環境があれば、免疫力は格段にアップします。笑顔は最強です。
笑いの絶えない楽しい食卓があれば、子供は真っ直ぐに育ってくれるでしょう。
心の健康が体の健康につながり、伸ばしたい才能や身長にもつながっていくと思います。

 

せのびーるは、そんな笑顔の親子をしっかりつないでくれるサプリです。

 

お得なのはどっち?の答え

 

最後に、現実的に、せのびーるを購入したいと思った時、お得なのはどっちかを考えてみましょう。

 

せのびーるでは、初回1回のみ限定で500円モニターに応募することが出来ます。送料も無料でワンコインなので、まず子供が気に入るか試してみたいという人には、とてもお得なキャンペーンになっています。
ただ、1週間分なので、すぐに無くなってしまったので、私は迷わず定期購入をすぐに申し込みました。

 

1回一月分を毎回申し込むのは、残念ながらちょっと高くついてしまうので、初回半額で申し込める定期は便利でした。
その後もずっと送料無料で、30%オフなのでかなりお得感はあります。

 

また3袋(3カ月分)のセット販売もあります。
こちらは、子供がひとりでは無く、兄弟がいるお家向けかなと思います。

 

「せのびーる お得なのはどっち?」の答えは、よろしかったらアナタが出してくださいね。

 

せのびーる と朝ごはん

 

せのびーる 購入はコチラ